店内飲食と持ち帰り価格を統一するお店のリストとネットの反応

10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられるに伴い、持ち帰りと店内飲食で価格を統一する企業がでてきています。

マクドナルドも価格統一=店内飲食と持ち帰り-消費増税対応

日本マクドナルドは10日、消費税率が10%に引き上げられる10月1日以降、店内飲食と持ち帰りの税込み価格を統一すると発表した。顧客の分かりやすさを重視し、本体価格を調整して税込み後の価格をそろえる。約7割の品目で増税前の税込み価格を据え置き、約3割の品目は税込み価格を10円引き上げる。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000054-jij-bus_all

この記事ではそういった持ち帰りと店内飲食で価格を統一している企業を一覧にしてまとめてみました。

1. 持ち帰りと店内飲食で価格を統一しているお店一覧

9月10日現在で持ち帰りと店内飲食で価格を統一を発表しているチェーンは以下の通りです。

(1)日本マクドナルド

日本マクドナルドはアメリカのマクドナルドのフランチャイズ企業で2018年時点では約2,900店舗あり、市場シェアは現在、60%台〜70%台を獲得している巨大フード・チェーンです。

カナダ人女性のサラ・カサノバさんが代表取締役をやっていることでも有名です。

近畿と四国ではマックでなく「マクド」という名前で定着しています。

現在のキャッチコピーは「i’m loving it」

(2)天丼のてんや

関東地方を中心にチェーン展開する天丼・天ぷらのファスト・フードレストランです。

現在は、ロイヤルホールディングスの連結子会社。

2017年5月現在、チェーンは以下の地域にて営業しています。

「天丼てんや」161店舗(北海道2店舗・青森2店舗・宮城2店舗・茨城1店舗・群馬2店舗・東京93店舗・神奈川26店舗・千葉19店舗・埼玉22店舗・石川1店舗・長野4店舗・静岡4店舗・愛知3店舗・岐阜1店舗・大阪2店舗・広島2店舗・愛媛3店舗・福岡4店舗・インドネシア3店舗・タイ5店舗・フィリピン7店舗)
「天ぷらてんや」1店舗(栃木)

関西は大阪を除いて無いのがブログ管理人にとってとても悲しいfactであります・・・。

(3)牛丼のすき家

すき家は、ゼンショーホールディングス傘下のすき家本部が運営する牛丼チェーン店で47都道府県・日本国内店舗数最多の合計1,930店舗(2019年6月現在)を保有しています。

牛丼とカレーが主力商品です。

中国、台湾と東南アジア、そしてブラジルとメキシコにも海外出店しています。

自動車での利用客を想定した郊外の幹線道路沿いに開店した店舗が多いというのも特色です。

2. ネットの声

3. まとめ

消費税があがると一般市民の我々にとって痛いですね。

混乱が少なくなるという意味では統一価格戦略は良いことだと思います。

一番我々にとって良いことは価格が据え置きであることですけれども・・・。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

タピオカは危険?飲み過ぎで入院も。アレルギーや毒?栄養素に注意!

映像電動のこぎりキックバック現象徹底解説-危険から身を守る方法

米国輸出管理法が制限する取引とは-パナソニック、ファーウェイと取引中止

スーパーマックス契約(NBA)とは?過去契約した選手は?高額契約中身解説

マリーンワンとは?機種?移動方法?-トランプ大統領移動用ヘリコプター

図解バーナーリスト-元グーグル社員考案行動管理リストで生産性UP!