マリーンワンとは?機種?移動方法?-トランプ大統領移動用ヘリコプター

米国のトランプ大統領専用ヘリコプターのマリーンワンが日本に到着し千葉県のゴルフ場などで離着陸の予行演習を行ったとのことです。

トランプ大統領専用ヘリコプターが日本に到着[2019/05/22 19:12]

 25日から日本を訪れるアメリカのトランプ大統領より一足早く、大統領の専用ヘリコプターが日本に到着し、千葉県のゴルフ場などで離着陸の予行演習を行いました。

アメリカ海兵隊の大統領専用ヘリコプターは、大統領が乗った際には「マリーンワン」というコールサインで呼ばれます。ヘリコプターは、トランプ大統領が到着する羽田空港や移動の際に使う東京・六本木のヘリポート、さらには26日に安倍総理大臣とともにゴルフをプレーする千葉県のゴルフ場へ飛びました。羽田空港やゴルフ場では、アメリカ軍の担当者とみられる複数の人が確認作業を行っている姿も見られました。また、ゴルフ場ではホールを2つ潰してヘリポート代わりにするため、安倍総理とトランプ大統領のゴルフは16ホールと変則的なプレーになるということです。

エアフォースワンはたまに聞きますが、マリーンワンは聞きなれない存在ですね。

どんな機種が使われているのか? 米国からどうやって移動して来ているのか?なぜ日本に飛んできたのか?・・・など気になることを調べてみました。

1.マリーンワンとは

マリーンワンとは”Marine One”の英語表記され、米国の海軍がアメリカの大統領を輸送する為の航空機を表します。

一般的にはナイトホークスと呼ばれる海軍のヘリコプター部隊が運行する大型のシコルスキー社製VH-3Dのシー・キングと呼ばれるものか小型のシコルスキー社製VH-60Nのホワイト・ホークと呼ばれるヘリコプターを指します。

機体の上の部分が白色で塗装されているのが特徴で「ホワイト・トップス」とも呼ばれます。

ちなみに副大統領が登場する機体はマリン・ツーと呼ばれます。

シー・キング

 

シー・ホーク

 

2.マリーンワンの運行で気になった点

ブログ管理人が個人的に疑問に思った点を調べてみました。

(1)なぜ日本にマリーンワンが運ばれて来たか?

米国の大統領は一般的に下の画像の様に車列を組んで移動することが多いです。

出展:https://www.independent.co.uk/news/world/americas/donald-trump-motorcade-mar-a-lago-florida-angry-driver-van-white-house-vehicles-us-president-a8078466.html

 

これをやってしまうと移動中に発生する治安部隊の配備に結構な費用が発生します。

特に日本で移動する場合、渋滞などの混雑が予測されることから、地上を移動するのは得策でないというのが根底にあり、地上を移動する代わりにヘリコプターを使おうという発送になったものだと思われます。

(2)どういう飛行編隊なの?

エアフォース・ワンの場合、大統領が乗る機体とその予備機で合わせて2機が編隊として飛び、その周囲を戦闘機が警備のために飛行しています。

マリーン・ワンの場合、似た機体のヘリコプターが最大5体の編隊で飛ぶことが多い様です。

これは大統領がどの機体に乗っているのかをわからなくカモフラージュする為の安全上の理由です。

(3)マリーン・ワンは米国から飛んできたの?

長距離の遠征先でマリーン・ワンを使用する場合、その機体をC-17 Globemasterか、 C-5 Galaxy の軍機輸送用飛行機で輸送します。

C17-Globemaster

出展:https://militarymachine.com/boeing-c-17-globemaster/

 

C5 Galaxy

 

(4)運行上で気になる安全面は?

熱や電波で感知されてミサイルの標的にならない様に特別な装置が装備されています。

また、マリーンワンの機体を飛行する兵士は全員がヤンキー・ホワイト・バックグラウンド・チェックと言う素性や生い立ち、経歴の確認がなされパスしたもののみが採用されています。

米国の大統領が移動するための任務にあたる訳ですので、反米思想を持つ者は排除されるのですね(日本でも天皇や首相の警備でも同様のことをしている筈ですけれども・・・)

800名以上のスタッフがマリーンワンの運行を支えていると言われています。

そしてそのスタッフはバージニア州にあるMCAF Quantico基地とワシントンD.C.にあるAnacostiaと言う海軍施設で任務にあたっている様です。

また、マリーン・ワンを運行する兵士はフライト・ジャケットの様な近代的な服装ではなく通常2名以上の護衛兵がマリン・ブルーのブラボー・ユニフォームと呼ばれるクラシックな装いで任務にあたっています(服装はシー・ホークの動画をご参照ください)。

3. ネットの声

 

4. まとめ

大統領を安全に移動させるために大変な費用と労力をかけておられるのですね。

さすがアメリカと言った感じです。

大統領が日本におられる間の安全を祈っております。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ストロベリームーン月の出入り時間2019年6月17日地域別一覧

電気ケトルを海外のホテルで使わない方が良い3つの理由

(画像)イケメンジャケットとは?-NHK朝ドラで使い回し

店内飲食と持ち帰り価格を統一するお店のリストとネットの反応

映像電動のこぎりキックバック現象徹底解説-危険から身を守る方法

図解バーナーリスト-元グーグル社員考案行動管理リストで生産性UP!