【悲報】VALU完全終了に怒りの声殺到?!みんなの声まとめ

個人の価値を疑似株式で売買できるとして一時期大変な人気があったVALUで一部のサービスを取りやめ、新たなサービスを提供されることが発表されました。

個人の価値を売買できるVALU、疑似株式の取引を終了 規制に対応できず「抜本的な事業転換が必要」

個人の価値を疑似株式で売買できるVALU
個人の価値を疑似的な株式で取引できるサービス「VALU」を運営するVALU(東京都渋谷区)は1月15日、疑似株式「VA」の発行や売買などを3月2日に終了すると発表しました。VAは仮想通貨のビットコインを使っていますが、法規制に対応できないことが理由と説明。サービスの根幹となるVA取引を終了することで、VALUは「抜本的な事業転換が必要」だとしています。

 VAの発行や売買、保管・管理機能全般と仮想通貨(暗号資産)のカストディ(保管)業務に加え、SNS機能全般なども廃止するとのことです。3月2日にVAの売買を終了するのに続き、3月31日13時を期限に、預かっているビットコインの返却手続きを進めるとしています。

 2019年5月31日に可決された改正資金決済法(可決から1年以内に施行)では、暗号資産カストディ業者への規制が新たに追加され、売買などを伴わない暗号資産カストディ業務についても「暗号資産交換業」に含まれ、さまざまな義務が発生することになりました。

 VALUによると、新たな規制について「対応すべく、これまで関係各所と検討を進めて参りましたが、誠に残念ながら力及ばず、VALUにおいて暗号資産カストディに関わる業務を断念することになりました」と説明しています。

 VALUは2017年5月にスタート。著名人らが参加して話題になった一方、著名なYouTuberによる炎上騒ぎなどもありました。

 VALUというサービスにとって暗号資産カストディ業務と、これに基づくVAの取引は「VALUサービスの根幹をなす部分」。事業転換を進め、「2020年4月1日(水)以降、新しいVALUにアップデートできますよう、準備して参ります」と予告しています。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000073-it_nlab-sci

 

このニュースを受けてネット界隈ではVALUが完全にサービスを終了するだとかのデマや、これまでに失った投資金を返せなどの避難の声が殺到しておりますが、実態はどうなのでしょうか?

状況を整理してみました。

1.VALUとは

VALU(バリュー)は、日本の株式会社VALU(バリュー、代表取締役小川晃平)によって運営されているフィンテックサービスです。

名称の由来は「VAL(VALUE=価値) + U (YOU=あなた)」で、個人が株式会社のようにVAとよばれる擬似株式を発行することができるのが特徴です。

売りに出されたVAは自由に売買することができ、取引は全てビットコインを用いて行われていました。

対応言語は日本語と英語で、VAの発行者数は2017年7月時点で1万2千人おられたことが判明しています。

この仕組みを悪用して稼いだYoutuberや著名人の存在が問題になり、過去に非難の対象となっておりましたが、法規制により現在のままではサービスを提供するのが困難な為、あらたな仕組みに改訂される予定となっております。

根本的な仕組みが変わるのでどうなるのか?見ものですが、情報が一人歩きしVALUそのものが無くなってしまうと一部の方達の間で騒動となっております。

2.殺到する怒りの声

3.まとめ

こころみとしては面白かったのですけれどもね・・・

新しいサービスが提供される様になるということで今後どの様な付加価値がついた仕組みを提供してくれるのか?楽しみにして待ちたいと思いました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

最速速報!2020年07月二級建築士試験 解答受験生の声

ねんきん定期便入札談合立入検査の印刷業約20社の名前は?リストまとめ

最速速報!第114回医師国家試験解答2020みんなの反応まとめ

千葉市が帰宅難民に救済の手!千葉市民会館など開放!みんなの反応

映像!横浜市成人式が大荒れ-ヤンキー乱入に爆竹、乱闘、喧嘩と大騒ぎ

ソラーテ選手解雇か?国内外の反応まとめ-阪神タイガース