映像三嶋英城氏wiki経歴三井住友FG系SMBCクラウドサイン社長

SMBC三井住友ファイナンシャルグループでグループ最年少の37歳で社長となった三嶋英城氏が今話題です。

「メガバンクの危機感」三井住友FGに30代社長誕生、“異例”人事の裏側

三井住友フィナンシャルグループ(FG)で、2019年10月、グループ最年少となる37歳の社長が誕生した。年功序列が根強いメガバンクで、30代の社長就任は異例で、業界の内外から注目される人事となっている。

 

スマホで取引の完結するネットバンキングやフィンテックの台頭に対し、ATMや店舗の運営コストが重しとなり、超低金利政策も収益を圧迫。メガバンクはビジネスモデルの転換を目指しあえいでいる。

時代の変わり目に厳しい競争を強いられるメガバンクが、「若手社長」にかける期待とは。

IT業界から転身「銀行が一番面白い」

「IT業界で幅広くやったので、新しい経験をしたいと思った。車、広告、コンサルなどいろいろな業界をみたが、銀行が一番面白いと思った」(三嶋氏)

契約の手続きをデジタル化するなどの事業を手がける「SMBCクラウドサイン」の三嶋英城社長(37)は、異業種からの転職人材だ。三嶋氏は東京理科大卒業後、ニフティ(現在の富士通クラウドテクノロジーズ)に入社。エンジニア職や通信・ウェブ・クラウドビジネスの企画など、同社で約12年間経験を積み、2018年1月に三井住友銀行に入行した。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000003-binsiderl-bus_all

1.三嶋英城(みしまひでき)氏とは

三嶋英城氏は北海道の旭川市生まれ、神奈川県の平塚江南高校(偏差値67)および東京理科大学電気工学科を卒業した37歳の三井住友ファイナンシャルグループのSMBCクラウドサインの代表取締役です。

新卒で2005年4月にインターネットサービスプロバイダのニフティ株式会社(2017年4月に富士通クラウドテクノロジーズに社名変更)就職し、2017年12月まで12年半勤め上げておられます。

その間、

  • ISP基幹システムエンジニア
  • 接続サービス企画
  • Webイノベーションラボ
  • ユビキタスビジネス推進
  • モバイルアプリ企画
  • 経営戦略室コーポレートベンチャーキャピタル運営
  • クラウドmBaaSプロジェクト推進・loTビジネス企画

部門で活躍しプロジェクトマネージャーに昇進されています。

そして、2018年1月に三井住友フィナンシャルグループに転職され、

Vice President (部長代理)として、ITイノベーション推進部で 新規事業開発
およびオープンイノベーション推進活動を担当されています。

また、その際、銀行で勤務するには必要不可欠な証券外務員一種および証券外務員内部管理責任者資格を取得されています。

2019年10月にはSMBCクラウドサイン株式会社代表取締役社長に就任されていますが、頭脳明晰で仕事が良くおできになる人材であることは間違いが無さそうです。

2.三嶋英城氏の映像

3.ネットの声

4.まとめ

銀行の様に年功序列で紙の契約書の様な古臭い(失礼)、伝統的な仕組みを使っている業界でこの様に若い世代の人材がグループ会社の社長になるということが非常に興味深く思われました。

銀行に限らず、日本の会社は若い世代を抜擢することが少ないですが、日本全体の競争力が劣化しているのもこういった悪い風習が残っているからに思われます。

長く勤めた方に報いてあげる制度を残しつつ、人材の流動化や若手人材の採用などを実現することで日本の経済力が活性することを期待したいと思います。

三嶋英城社長の活躍に大変期待しております。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

小室圭さん次年度も留学費用免除!どうやって奨学金全額獲得?

門川大作市長wiki選挙応援演説が炎上、政治能力、評判、問題山積み?

昭恵夫人夜の訪問着が昼間のミニスカドレス同様話題に!コーディネイターは?

(画像)松居一代NY高級レジデンスがヤバイ。住所、値段、中の様子は?

澤田愛美wiki-ABA青森朝日放送美女アナのカップ、給与、出身高校、モデル経歴

優勝の金戸凛(カナトリン)がカワイイ。姉と母も美人で綺麗。(女子高飛び込み)