東京五輪メダルデザイナー川西純市氏wiki勤務先、経歴、代表作品

東京オリンピックのメダルをデザインした大阪市のデザイナー川西純市さんが今話題です。

「『光の輪』を到達点に」 五輪メダルデザイナーが会見

2020年東京五輪のメダルをデザインした大阪市のデザイナー、川西純(じゅん)市(いち)さん(51)が25日、東京都内で会見し「美しさやしなやかさ、アスリートのエネルギーを表したくて、『光の輪』を到達点とした」と語った。デザインは24日の開幕1年前セレモニーで発表されており、川西さんは「祝福メールがすごくて、寝れなかった」という。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000528-san-spo

経歴、勤務先、代表作品など気になる情報をまとめてみました。

1. 川西純市氏のプロフィール

川西純市さんは1990年に大阪芸術大学芸術学部美術学科を卒業された現在51歳のデザイナーさんです。

1992年には同大学で修士号を修了されていて、同年から1995年までは同大学デザイン学科スペースデザイン研究室に勤務されていました。

1996年から2006年まではランドスケープ設計事務所のサインメーカー社に勤務され、2006年に独立しSignsplanというデザイン事務所を設立され代表を務められています。

三菱地所設計社によりますと、ランドスケープ設計とは、

自然、歴史、風土、地形、微気象、生物多様性、水循環といったさまざまな要素を分析しながら、憩い、寛ぎ、語らいのある、人々に、そして環境に優しい空間を計画・設計いたします。大規模開発やリゾート施設の経験と都市再開発における数多くのオープンスペースづくりの実績を活かした、美しく快適な都市空間を実現します。マスタープランからディテールデザインまで、どのような課題においても、さまざまな要素を統合化しながら、土地の価値を最大限に発揮する最適な解決策・デザインをご提案します。

広場、プロムナード、公開空地の計画、デザイン

都市公園、街路、キャンパスの計画、デザイン

景観ガイドライン、緑のマスタープランの策定

自然環境調査、生物多様性モニタリング、環境認証に関するコンサルティング

出展:https://www.mj-sekkei.com/services/landscape.html

といった仕事で都市開発や学校やオフィス街と言った建物の建設やデザインに携わる業務で活躍されていたのですね。

五輪メダルとはデザインの対象物が異なるので正直びっくりです。

そんな川西さん、どんなものをデザインされているのでしょうか?

2. 川西純市さんの代表作品

川西純市さんの会社Signsplan様から以下展示物の写真をさせていただきました。

出展:https://www.signsplan.jp/

甲南大学

神戸学院大学付属高校

同志社大学田辺キャンパス

和歌山信愛中学・高校

駿台予備校京都

雲南市市役所

長浜市市役所

橿原市総合庁舎

難波スカイオ

SETREならまち

神戸オリエンタルホテル

京都製作所

浜寺病院けやき棟

天理メディカルセンター

中之島クリニック

奈良市保健所教育総合センター9階

 

 

3. ネットの声

4. まとめ

直線が好きなデザイナーさんだなという感想です。

後世に残るメダルのデザインですのでご本人にとっても金メダル級の喜びでしょうね。

いよいよオリンピックが開催されるのだなと実感が湧いてまいりました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アリアナさくら中学生美女ハーフモデルの笑顔がステキでかわいい。

小室圭さん次年度も留学費用免除!どうやって奨学金全額獲得?

映像:中東情勢緊迫時にゴルフ三昧の安倍首相:みんなの声まとめ

石川界人氏「糖質制限の為日本酒控える」発言が炎上で干される!みんなの声まとめ

痴漢容疑で逮捕の阿部博史NHKプロデューサーの経歴、年収、評判?

海外の反応-上原浩治投手引退を発表