(2019年8月31日)北海道岩見沢市一部で冠水、水没、被害、現場の様子-現場は海の様

北海道の岩見沢市で大雨が降り一部で冠水し水没している地域もあります。 被害状況と合わせて現場の様子を確認できる映像をまとめましたのでご覧ください。

岩見沢など北海道西部に記録的短時間大雨情報 気象庁「竜巻に警戒を」

気象庁は31日午後3時37分、北海道西部の石狩・空知・後志地方に記録的短時間大雨情報を出した。岩見沢市岩見沢付近で約100ミリ、三笠市付近で約100ミリの大雨になっている。午後3時8分と午後5時16分に竜巻注意報も出した。岩見沢市、美唄市、三笠市には大雨警報も出ている。

北海道地方は、31日は気圧の谷の中となり、上空に寒気が流れ込むため大気の状態が非常に不安定となっている。竜巻などの激しい突風や落雷、ひょう、急な強い雨のおそれがある。気象庁は農作物の管理や屋外の活動などに注意し、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合、頑丈な建物内に移動するなど、安全の確保に努めるよう呼び掛けている。

出展:https://mainichi.jp/articles/20190831/k00/00m/040/132000c

1.冠水している岩見沢市の状況とは

岩見沢市は札幌郊外で札幌市の北東部に位置し、道内では西部に所属する地域です。

北海道内の陸上交通の要衝の一つとして、近隣の炭鉱に加えて北海道各地の港湾都市とを結ぶ列車の一大拠点となり発展してきました。

JR函館本線・室蘭本線をはじめ道央自動車道、国道12号・234号および道道6号・81号・116号などが放射状に交差・接続する地点にあり、この地域が水没すると北海道で最大の都市、札幌に道内から移動する際に困難が伴います。

市内には石狩川に合流する支流が数多く流れており、そのため橋梁の数も北海道第4位の多く、雨がたまりやすい低地も数多くあり、増水時にはこの様な被害に見舞われることが少なくありません。

 

岩見沢市では以下の地域が冠水のため通行止めになっています。また、通常通りに通れる場所もある様です。

また、バスで運休している路線もありますのでご注意願います。

その他にも交通機関が麻痺している地域や路線がある様ですのでご注意願います。

2. 現場の様子:映像

 

3. ネットの声

4. まとめ

日本各地で大雨が猛威をふるっておりますが、被害にあわれた皆様にお悔やみ申し上げます。

大雨が降ると短時間で増水し、身動きが取れなくなる様なこともありますが、おちついて、そしてご自身の安全確保最優先でお願い申し上げます。

出来るだけ高い地域に避難し、増水時の川などに様子を見に行ったりしない様にしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

映像東福間駅 で線路支障発生で遅延-原因、被害、現場の様子-福岡鹿児島本線

最速速報!2019年11月冬期色彩検定試験UC級2級3級解答発表!みんなの反応ま...

ドミニカ・ガウリチコバWiki-チェコ人美人ツーリスト画像集

映像千葉県蘇我駅で冠水、浸水、水没、被害、現場の様子-現場は海の様

映像多摩川が氾濫しそうでヤバイ水位・ライブカメラ・現場の様子東京都・神奈川県

最速速報!令和元年2級管工事施工管理技術検定試験解答!みんなの反応まとめ