映像アメリカン航空機長最終日の様子が感動的で涙シカゴ・オヘア空港

アメリカン航空機長最終日の様子が感動的で涙と全米で話題になっています。

6月24日、最後のフライトを終えて降機したパイロットの男性は、ボーディング・ブリッジを渡り終えるとコーラス隊に温かい歌で迎えられた。「34年間、アメリカン航空のパイロットとして頑張ってくれてありがとう。これからの人生も楽しんで!」―そんな思いを伝えるために、一緒に働いてきたクルーらが機長に用意したサプライズ・プレゼントだった。

アイルランド・ダブリン空港を出発し、イリノイ州にあるシカゴ・オヘア国際空港に到着したブライアン・レンツェン機長(Brian Lenzen、65)を歌で出迎えたのは、アイルランドでツアーを終え、この便にたまたま乗り合わせていたコーラス隊「セント・アンソニー・オン・ザ・レイク(St. Anthony on the Lake)」のメンバーだった。コーラス隊はゲートの前に立ち、アイルランドの名曲『May the Road Rise Up』をブライアンさんに贈った。

この歌は「あなたの行く手に道が開かれ、いつも追い風が吹きますように…。また会う日まで、神の手の中に抱かれていますように」と畳みかける。別れを惜しみ新しい門出を祝う曲としても知られており、思わぬサプライズに感極まったブライアンさんの目からは涙がこぼれ落ちた。

地元ニュース『KARE11』によると、この祝福の歌の合唱は客室乗務員がコーラス隊に頼んで実現したもので、ブライアンさんは「ボーディング・ブリッジを歩いていたら、歌が聴こえてきたのです。何事かと思ったのですが、自分のために歌を歌ってくれていると知って、思わず涙してしまいました。もともと感情的になりやすいのですが、私にとって本当に特別な時間になりました」と語っている。

ブライアンさんはミネソタ州チャスカ出身で、チェスカ高校からミネソタ州立大学マンケート校へ進学し、フライング・クラウド・エアポートで飛行技術を習得した。複数の航空会社で経験を積んだ後、1985年にアメリカン航空で働き始め、最後の8年間は国際線パイロットとして活躍した。引退前の3年間は次世代中型ジェット旅客機ボーイング787の機長を任され、まさにパイロット一筋の人生だった。

「もともと空を飛ぶことが大好きでパイロットになったのです。好きなことでお金が稼げるわけですから、幸せでしたね。パイロットはただの仕事ではなく、私の“夢の仕事”だったのです。65歳が定年ですが、本当はもう少しパイロットを続けたい気持ちもあります。ダブリンからの最後のフライトは、自分で気心の知れたクルーを選び、ダブリンではみんなでパブに行きました。実に楽しい思い出ができましたよ。」

こう語る機長を歌で祝福したコーラス隊代表のローリー・ポルカスさん(Laurie Polkus)は、当時のことをこのように振り返っている。

「機長が出てくるのをゲートの外で待って、みんなで歌を捧げました。フライト中、機長は今日が最後の乗務であることを乗客に伝え、機内を歩いて別れを告げていました。彼の妻も搭乗しており、心に残る、感動的なフライトになりました。」

「あの歌は機長を称え別れを告げるのにまさにピッタリで、クルーの方々も胸に迫るものがあったのでしょうね。あの場所にいられたことに心から感謝しています。」

ブライアンさんがコーラス隊の歌に思わず涙する姿は7月中旬にアメリカン航空のFacebookに投稿され、温かいメッセージが数多く寄せられている。

「ブライアン機長に幸あれ! 私もデルタ航空の客室乗務員として50年間働き、6月1日に退職したから気持ちはよくわかるわ。空を飛べなくなると寂しくなると思うけど、第2の人生を楽しんで!」
「私の父もアメリカン航空で80年代半ばからパイロットをしているの。父もあと数年で引退なので、他人事とは思えなかったわ。涙が止まらない。」
「なんて美しい曲なのかしら。この曲は私の卒業式や祖父のお葬式でも歌われたの。とても思い入れのある歌よ。」
「私も歌を歌っていた一人で、あの日コーラス隊を引退したの。あなたをとても誇りに思うわ。」
「たくさんの人にこんな形で送り出してもらえたなんて、幸せだと思う。」
「今日、この動画を30回も見たわ。何回見ても涙が出てくるの。本当に素敵だわ。」

ブライアンさんは引退後について聞かれると、「正直、もう仕事をする必要がないというのは嬉しいですね。まずは湖のそばの家で妻とゆっくりすることに決めています。でもきっと仕事が恋しくなるでしょうね」と明かしている。

出展:https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190809-32605363-techinq

感動的な様子をどうぞ。

1.引退セレモニーが行われた場所

米シカゴ・オヘア空港のにて引退セレモニーが行われました。

シカゴのオヘア国際空港は7本の滑走路を持つ巨大空港で2005年までは1日の発着数が世界一を誇りました。

ユナイテッド航空の本拠地でもあるオヘア空港はアメリカン航空を含めて様々な航空会社が乗り入れております。

2.引退セレモニーが行われた背景

ブライアンさんの引退セレモニーはご本人にとって特別だった様です。

ミネソタ州のチャスカ出身のブライアンさんはアイルランド系の家族に生まれました。

そして、大学は地元のマンケート州立大学を卒業し、その後は飛ぶことが好きだった為、航空会社でパイロットとしてずっと勤務し続けたとのこと。

 

1981年にMidstate Airlineでパイロットを務めていた頃のブライアンさん。

出展:https://www.kare11.com/article/life/heartwarming/chaska-pilot-surprised-by-choir-on-final-day-with-american-airlines/89-ef4488f1-3e4f-404e-b5c7-735b5e8be75d

1985年にアメリカン航空に採用されてからはずっとアメリカン航空でパイロットとして勤務を続けていたとのこと。

6月24日に定年で65歳を迎えたブライアンさんは最後の8年間は国際空路で活躍し、そして最後の3年間はボーイング787で機長を務めておられました。

最後のフライトはアイルランドの首都ダブリンを目的地にし、仲の良いクルーと一緒にそのフライトをおこなったとのこと。

最終フライトの機内の様子

出展:https://www.kare11.com/article/life/heartwarming/chaska-pilot-surprised-by-choir-on-final-day-with-american-airlines/89-ef4488f1-3e4f-404e-b5c7-735b5e8be75d

日本でも定年が60歳から65歳にくりあがっている企業が増えてきていますが、アメリカン航空の定年が65歳で、ブライアンさん自体は健康体であと数年働くことができると思われているのですが、この度パイロット人生を全うされることになったのでした。

3. 感動的な引退セレモニーの様子

感動的な引退セレモニーの様子を映像で入手しました。

携帯で撮られたと思われる動画

こちらの方が大写しで見やすいです。同じ映像です。

 

引退セレモニー最中に歌われていたの子供の声でフルコーラス

ブライアンさんはアイルランド系のパイロットですから、アイルランドの民謡May the road rise upが選ばれたのでしょう。

May the road rise upの歌詞

May the road rise up to meet you
May the wind be always at your back
May the rains fall soft upon you
And the sun shine warm upon your face

And true be the hearts that love you
Peace ever with you and until we meet again

May the path light up before you
And the clouds forsake the skies above
May the warmth of sun surround you
And the stars shine bright to guide you home

And true be the hearts that love you
Peace ever with you and until we meet again

May God hold you in the palm of his hand
May He hold you evermore

出展:http://www.lyricsreg.com/lyrics/libera/May+The+Road+Rise+Up/

歌詞の和訳(Google自動翻訳)↓

道があなたに会うために立ち上がりますように
追い風が常に吹いていますように
雨があなたに降りかかるように
そして、太陽はあなたの顔を暖かく照らします

そして、あなたを愛している心が真実であること
あなたとの平和、そして再び会うまで

あなたの前に道が明るくなるように
そして雲は空を捨てる
太陽の暖かさがあなたを取り囲むように
そして星はあなたを家に導くために明るく輝く

そして、あなたを愛している心が真実であること
あなたとの平和、そして再び会うまで

神があなたを彼の手のひらにつかまえますように
彼があなたをずっと支えてくれますように

感動的な歌詞です。

4. ネットの声

5. まとめ

好きな仕事で仲の良い仲間と仕事を勤め上げることができるというのは本当に幸せなことです。

ブライアンさんは本当にパイロットという仕事が大好きだったのでしょうね。

いつまでもお元気で!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

イージージェットの評判-背もたれ無し座席飛行機運営に乗客怒る

サウスウェスト航空のユーモア・ホスピタリティ溢れる接客がおもしろい!

映像!豪シドニーが豪雨洪水でやばい!火災も鎮火!まるで台風の様

【悲報!汚染国指定】日本から直接入国禁止したミクロネシア政府-海外の反応

映像米国人男性水中プロポーズ失敗事故の様子と彼女:タンザニア

(動画)米ボストンで泥棒が留守中に掃除/整頓?ネイト・ローマン家