映像!4月なのに季節外れの雪でヤバい!中四国、関東甲信、東北山間部、各地の様子

日本上空を発達中の低気圧の影響で日本の山間部各地で積雪が発生しており注意が必要です。

中四国の山間部で大雪 午後は関東甲信や東北の山も積雪注意
4/13(月) 9:53配信

日本の南の海上を通過中の発達した低気圧の影響で、中四国の山間部では季節外れの大雪になっています。午後にかけては関東甲信や東北の山間部も雪に注意が必要です。

 中四国の山間部では昨日12日(日)の夕方から一部で雪に変わりはじめ、今朝にかけて積雪エリアが拡大しました。9時現在の積雪は鳥取県大山で41cm、広島県八幡で12cmの積雪を観測しています。この雪で、中国地方の高速道路の一部では9時30分の段階で雪用タイヤ装着の規制が行われています。

 大山は今日だけですでに34cmの新たな雪が降っていて、一日に降った雪の量としては4月として統計開始以来3番目の多さです。

積雪の予想
午後は関東甲信や東北の山で積雪
午後は関東甲信や東北の山間部で雪の降る所が増える見込みです。明日14日(火)朝までの積雪の予想は、多い所で10~20cmに達し、東北・北上山地など局地的には30cmを超えるような積雪のおそれがあります。

 峠道などを車で通行する際は、冬用タイヤや滑り止めが必要になり、湿った雪が降ることによって倒木、停電などの可能性もありますので、注意が必要です。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00014565-weather-soci

 

1. 季節外れの雪

季節外れの雪は、終雪(しゅうせつ)とも呼ばれ、春になってから、その冬最後に降る雪を指します。

  • 名残雪、
  • 忘れ雪、
  • 雪の果て、
  • 涅槃雪

とも呼ばれます。

1981年〜2010年の間では、東京都内は大体3月10日頃、名古屋市は3月6日頃、大阪市は3月7日頃、福岡市は3月4日頃で関東から九州北部にかけての太平洋側では大体3月の初めごろまででした。

一方で、北日本・北陸地方・中央高地・豪雪地帯を含めた寒冷地では、3月末から4月頭に雪が降ることも珍しくありません。

参考:各地の最も遅い時期の降雪記録

北海道:網走で1941年に記録した6月8日です。

東北地方:仙台で1991年に記録した5月3日です。

関東地方:東京では1967年・1969年・2010年に4月17日の記録があります。

東海地方:名古屋で1902年に記録した4月11日です。

2.各地の様子

3.ネットの声

4.まとめ

近畿地方平野部では雪ではなく、朝方は雷を伴う大雨でしたが、現在も寒いです。

全国各地でこの様な状況になっているのを見ると、冬が舞い戻った様ですね。

コロナ騒動中の季節外れの雪でありますが、皆様お風邪をひかれたりされません様に。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

映像相浦川が氾濫・越水寸前でヤバイ!水位・被害・現場の様子長野県佐世保市

ソラーテ選手解雇か?国内外の反応まとめ-阪神タイガース

映像!大阪駅周辺93%減の様子がヤバい-ブラックレインの再現だ

火事(画像)-茨城・常総廃材置き場の被害?原因?火元は?

画像新堀川が氾濫・越水でヤバイ!水位・被害・現場の様子千葉県市原市

最速速報!2020年6月実用英語技能検定(英検)1次1〜5級試験解答-受験生の声...