画像ドローンでワインをダイヤモンド・プリンセス号に配達させた豪乗客

5日朝から全乗客が客室での待機を余儀なくされている横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」にドローンを用いてワイン2ケースを配達させた豪乗客が話題になっています。

客がコロナ船にドローンでワイン配達? 英紙報じる

乗客が新型コロナウイルスに感染したことを受けて、5日朝から全乗客が客室での待機を余儀なくされているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、乗客のオーストラリア人男性が、船外にワインを注文し、ドローンで客室に配達させたと英紙デーリーメール電子版が9日までに報じた。

同紙によると、オーストラリア・ゴールドコーストから参加したデイブ・ビンスキンさん、ヤンさん夫妻は、客室での待機が続く毎日に飽き飽きし、ワインクラブにドローンでワインを運ぶよう、注文したという。ビンスキンさんは自身のフェイスブックに、ワインの瓶とワインを注いだグラスを両手に持ち、ベッドに横たわった自身の写真を投稿。「ドローンワインで幸せな時間」とつづった。

その上で、ビンスキンさんはフェイスブックにドローンによる配達の詳細を投稿した。それによると、7日にワインクラブから電話があったため、日本に無料の貨物を送る気があるかと聞いた上で、ワイン2ケースをドローンで配達するよう手配したという。

詳細は不明だが、ビンスキンさんが注文した数時間後にドローンが飛んできて、客室にワイン2ケースを配達したという。ビンスキンさんは「ドローンを発見した日本の警備員は混乱していたものの、ドローンの飛行を止めるようなことはしなかった」と説明しているという。

一方でビンスキンさんは「非常に困難な状況の中で、信じられないほどの素晴らしい仕事をしている」と、ダイヤモンド・プリンセスの船長と乗務員を賛辞し、感謝しているという。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-02091110-nksports-soci

 

1.ワインを配達させたビンスキン氏

こちらが船室内でドローンを用いてワインを調達したビンスキン氏の画像です。

ドローンを使ってワイン調達に成功したことに大喜びのビンスキン氏

5日ぶりに室外にでられて艦板上で喜びを爆発するビンスキン氏

ずっと船室内に閉じ込められているのがストレスフルな様です。氏のFacebookには富士山の写真とともに愚痴が書かれていました。

「次のドローン配達便では、至急、妻のヤンさんが使う毛糸の編み棒を届けて欲しい」・・・だそうです。

当人たちはドローンを使ってワインを調達したことが日本のニュースで大騒ぎになっているのを知らなさそうですね。のんきなものです。

残念ながら、ドローンを使ってワインを調達している画像、映像を探したのですが見つけることができませんでした。

2.ネットの声

3.まとめ

狭い船室に何日もじっと閉じ込められていればストレスを発散したくなる気持ちになるのは良くわかります。

豪と日本だと法律も違いますし、国民性から来る性格も異なります。

恐らくこのご老人は本当に調達出来るか遊び心で試してみただけで、試したところうまくいったって感じだったのでしょう。

日本人の感覚からすると信じられませんが・・・。

しかし、どなた様かが指摘されてましたが、こういう配達がドローンで成立してしまいますと、病原菌をバラ撒いたり、違法薬物の調達などにもドローンが使えそうですので怖いですね。

ドローンの実用化には賛成ですが、悪用には反対です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

動画サウスウエスト航空コンテストで飛行機遅れても皆ニコニコの様子

美女ディアナ・ウオーカー・ポーリー巡査のホームレス支援話に全米が涙

動画トイレ紙まみれにされた家、女性、犯人、家族米カリフォルニア

ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏逮捕。なぜ?どこで?籠城の理由は?

感動映像-米テキサス洪水孤立ホテルで32時間連続勤務バイトに賞賛の嵐

米国人観光客10人がドミニカで連続昇天した原因?政府関係者の見解