トヨタ5.9万台リコール対象車種は?マツダの車両も?不具合原因?

トヨタ自動車が自社で生産している車両とOEM供給しているマツダの車両で合わせて5.9万台をリコールすることを発表しました。

1. 不具合

自動車の後輪を駆動させるリアアクスルのオイルシールの材質が低温環境下で異常に磨耗しデファレンシャルオイルが漏れることで、最悪の場合、漏れたオイルがブレーキシューに付着してブレーキをかけても車が止まらずに事故を誘引してしまう可能性があります。

オイルシール交換の様子

出展:https://www.2carpros.com/articles/rear-axle-seal-replacement

その為、安全基準を満たしたオイルシールとの交換がなされます。

リコールはメーカー側のミスによる不良品の発生ですので、修理費用を持つのはメーカーですので対象車種をお持ちの方は速やかにディーラーにお申し出いただきます様よろしくお願い申し上げます。

2. 対象車種

今回のリコールの対象車種は

トヨタ自動車の平成26年 8月 4日から平成26年 9月 1日に製造されたプロボックスとサクシードDBE-NCP55VのNCP55-0125685からNCP55-0126225 計482台と

 

同じくプロボックスとサクシードDBE-NCP165Vで平成26年 9月 1日から平成31年 3月 6日に製造されたNCP165-0001003からNCP165-0060968の計58,944台

Probox

Succeed

プロボックスとサクシードは姉妹車で、フロントグリル、フェンダー、バンパーなどの形状と全長・全高が微妙に異なります。

出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%89

そしてマツダ自動車にOEM納入されているDBE-NCP165M ファミリアバン のNCP165-7000000~NCP165-7000244で平成30年 6月11日~平成31年 3月 5日に製造された計245台です。

トヨタからOEM供給を受けているファミリア・バン、形状はプロボックス・サクシードとほぼ一緒です。

出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%A2

 

3. ネットの声

4. まとめ

これらの車をお乗りの方はお手数をおかけしますが、至急お近くのディーラーに行って修理を受けていただきます様よろしくお願い申し上げます。

駆動系でのリコールはそのまま放置しておきますと事故に遭遇してしまう可能性もありますので、放置しておくと大変です。

よろしくお願い申し上げます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

プーチン大統領専用車wiki-アウルス・セナート・リムジンの仕様

動画で構造が良くわかる絶対踏み間違えない車のブレーキ-ワンペダル

(速報映像)佐藤琢磨インディカー・レース第15戦ボマリート優勝の瞬間!