Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

(速報映像)佐藤琢磨インディカー・レース第15戦ボマリート優勝の瞬間!

米ミゾリー州のセント・ルイス近郊にあるイリノイ州マディソンで行われていたインディカー・シリーズ第15戦ボマリート・オートモーティブ・グループ500で、スタート時は5位だった佐藤琢磨選手がレース途中から首位につけていたエド・カーペンター選手と0.0399秒の僅差で逃げ切り見事優勝した感動的な瞬間の映像を入手しました!

感動の瞬間をどうぞ!

1.ボマリート・オートモーティブ・グループ500の概要

ボマリート・オートモーティブ・グループ500は自動車の補修用コーティング剤製造会社のアクサルタ・コーティング・システムとエンジンオイルのバルボリン社がスポンサーを務めるインディ・カー・シリーズのレースです。

このレースは、そもそも1990年代後半に集積回路メーカー大手のモトローラーが主催していたモトローラ300と呼ばれてスタートし、インディアナ・ポリスで行われるインディ500の前日に開催されておりインディ500のライバルレースとしてスタートしました。

そして、このレースは、一度インディカー・レースのシリーズに組み込まれていたもののシリーズの運営者と大会の主催者の考え方の相違からシリーズから離れ独立して運営されていた時期があったこともある曰く付きのレースでもあります。

2017年からはボマリート・オートモーティブグループ500と呼ばれ、セントルイスの近郊イリノイ州・マディソンにある一周2.012kmの楕円形のコース、ワールド・ワイド・テクノロジーにて9月か8月に開催されています。

なお、このレースは2021年まで毎年今くらいのタイミングで開催されることが決定しています。

248周のレースで約2時間かけて行われるレースです。

 

2.感動の佐藤琢磨選手優勝の試合展開の様子

レース開始当時から佐藤琢磨選手が見事優勝しインタビューを受ける瞬間までをダイジェストで上手にまとめられた動画の入手に成功しましたのでごらんください。

 

時間がない方はこちらをどうそ!↓

佐藤琢磨選手は今シーズンがインディ・カー・レースに活動の場を移動してから10周年目でした。

今シーズンは、第3戦にアラバマ州バーミングハムにあるバーバー・モータースポーツ・パークでポールポジションを獲得しそのまま優勝したものの、マシントラブルや本人の体調不具合により、優勝争いに加わることができていませんでしたが、今レースでは2周遅れでスタートしていたものの忍耐強く走行を重ねることで終盤に挽回しトップ争いに加わり、最終ラップで僅差で逃げ切ることに成功しました!

試合を最初から見ていて応援していたファンの方にとってもとても見応えがある素晴らしいレースでした!

3.ネットの声

4.まとめ

佐藤琢磨選手は日本のレースドライバーのパイオニアとしてF1で活躍していたもののパッとした成績を残すことができず、インディ・カー・シリーズに軸足を動かしてから優勝することが何度かできました。

そして近年になってからインディ500で優勝をおさめたり、10周年目の今年に初めてシーズンで2勝を飾ることができた、遅咲きの苦労人・・・といった印象を持つ人も少なくありません。

私はこのレースを見ていて佐藤選手の優勝に感動で心を揺さぶられる思いをしました。

これからも頑張ってください。 応援しています! 本当におめでとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

動画で構造が良くわかる絶対踏み間違えない車のブレーキ-ワンペダル

シャーリーズ・セロン息子の写真。女の子として育てているとはどういうこと?

ジェフリー・エプスタインWiki歴代大統領と交流米富豪の搾取実態?

画像チン・チュー中国人大富豪自宅屋敷シモーナ・アンドレジク重症現場

(写真)ウクライナ大統領ゼレンスキー氏美人妻・オリナ・ゼレンスカがキレイでやばい

ボビー・バークWiki-クィアアイデザイナーの半生、商品、資産、家族