画像いじめられた少年ファンのTシャツ着るテネシー大学マーチングバンドに全米が涙

アメリカの小学校で自作のテネシー大学フットボールチームの応援Tシャツを作って着ていた少年がいじめられていたのがネットで話題になっていましたが、テネシー大学の粋な計らいに全米が感動しています。

テネシー大学のマーチングバンド、いじめられた少年ファンのTシャツ着る

(CNN) 米テネシー大学のアメリカンフットボールチームを応援しようとTシャツを自作した少年が同級生にからかわれソーシャルメディアで話題となった件で、同大のマーチングバンドはこのほど、アメフトの試合応援の際にこの少年がデザインしたTシャツを着る粋な計らいを見せた。

マーチングバンド「プライド・オブ・ザ・サウスランド」は14日のテネシー大学「ボランティアーズ」と同大チャタヌーガ校「モカシンズ」の試合で、伝統的なユニホームの下に少年のTシャツを着て応援。試合は45対0でチャタヌーガ校に勝利した。

フロリダ州に住む小学4年生のこの少年は、好きな大学の色を周囲に誇示して応援する「カレッジ・カラーズ・デー」の日に、オレンジ色のTシャツに手書きのテネシー大学のロゴを描いた紙をピンで留めたものを着て学校に登校した。ところが同級生にデザインをからかわれる憂き目に遭い、担任の教師によればうちひしがれていたという。

担任がこの様子をフェイスブックに投稿したところ、ボランティアーズのファンの間で反響を呼び急速に拡散。ついには同大が少年のTシャツを公式デザインとして採用する運びとなった。

担任は13日、ボランティアーズに謝意を示し、この経験から自身の生徒らが非常に有意義な教訓を得ることができたと言及。「思いやりについて活発な議論をして、生徒が思いやりを持った行動を始める様子を目の当たりにし本当に感激している」と述べた。

同大によると、Tシャツは既に5万枚以上の事前注文が入る人気ぶりで、販売による利益は全ていじめ防止団体に寄付される予定だという。

テネシー大学は先週、この少年に対し2028年の名誉入学と4年間の奨学金を約束した。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-35142756-cnn-int

1.テネシー大学とは

テネシー大学は全米でもトップクラスの大学で、10万人以上の観客を収容することができるフットボールスタジアムは全米で3番目の大きさを誇り、ボランティアーズに入って試合をすることが多くのアメリカ人の少年の憧れであります。

そして、テネシー大学のマーチングバンド「プライド・オブ・ザ・サウスランド」はアメリカでもとても有名で由緒正しいみんなが憧れるマーチングバンドなのです。

 

幼い少年が憧れて、テネシー大学のカラー(オレンジ色と黒)を使ってTシャツを自作しても不思議でありません。

そんな少年が作ったTシャツが以下の様な画像のもの。

・・・やはり少年が作っただけあって品質はイマイチですね・・・。

しかし、このTシャツを着ていじめられて打ちひしがれていた少年の様子をSNSで報じた担任教師にテネシー大学側が反応し、Tシャツを量産しマーチングバンドでも着ることになったのであります。

 

壮観なながめですね。

量産中のTシャツ

2. ネットの反応

3. まとめ

いじめに対してこの様な対応を取るのは勧善懲悪が大好きなアメリカらしい対応でこのニュースを知ってスカッとしました。

少年には頑張って勉強してぜひテネシー大学に入学して欲しいものです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

米マクドナルドCEO解任の理由と失った高額給与内訳と新CEOはどんな人?

(画像)ドリス・ローランド・フランス人美女チアリーダーが可愛くてきれい。

金髪美女エマ・カレイがスカイダイビング事故から復活した話が超感動的!

アラジン2019(海外の反応)-ウィル・スミス出演版の見所

米オハイオ州デイトン銃乱射犯人情報、顔画像、現場様子、事件詳細?

映像印男児二人が転落犠牲のシチュー鍋(サンバル)が超巨大でヤバイ!