映像ジェームズ・ダイソン氏豪華マンション-シンガポール引越し先

掃除機のダイソンの起業家、ジェームズ・ダイソン氏のシンガポールのマンションが豪華で話題です。

1.ダイソン氏がシンガポールに引っ越した理由

ジェームス・ダイソン氏はイギリスで革命的な掃除機の開発に成功し斬新な家電製品を販売するダイソンの経営者で有名です。

シンガポールに引っ越す理由をインタビューで答えるダイソン氏

 

ダイソン氏はもともと英国がEUから脱退することに反対していました。

それが理由でイギリスから出ていくのではないか?という見方がされていましたが、インタビューではイギリスの市場は小さく今後発展が見込めないから本社機能をシンガポールに変えるためのもの・・・と答えています。

しかし、こちらの2018年のイギリスの大衆紙ガーディアンによりますと、

出展:https://www.theguardian.com/technology/2018/oct/23/dyson-to-build-electric-cars-in-singapore-with-launch-planned-for-2021

2020年に工場の設置完了、2021年からは電動自動車の製造にシンガポールで取り組むと発表しています。

ダイソンの製造拠点は既にマレーシアとフィリピンにあることから、これらの拠点を統括するにも遠く離れたイギリスよりもシンガポールに本社機能があった方が良いのですね。

ダイソン社はイギリスで3番目に高い法人税を払ったのですがシンガポールの方が法人税も現在の19%から17%に下り、安い様です。

2. 豪華なダイソン氏のシンガポールのマンション映像

ダイソン氏のシンガポールの豪華マンションはウォリック・レジデンスというシンガポールで最も値段も建物の高さも高いマンションです。

↓不動産開発業者による紹介映像

全長290メートルです。

英ガーディアン誌の調べでは$73.8million(約82億円)払ったそうで、デベロッパーのGuocolandが設定したものより$5millon(約5.5億円)安かったそうです。

こちらのペントハウス(最上階)に住まれるそうです。

593坪の物件には12メートルのプール、ベランダ、バー、ジャグジー、カバナ(客室から廊下や通路を通らず、直接ビーチやプールサイドに出ることができるリビングルーム。 アメリカやメキシコの高級リゾートホテルにある客室タイプです。 ビーチやプールに面しているので、大きな開放感があり、景色も良い点が特徴)、600ボトルのワイン・セラー、2つのキッチンと娯楽部屋があるとのこと。

プライベートヨットやプライベートジェット、接待用のディナーなどで力を発揮する24時間勤務の執事サービスもついてきます。

不動産業者が説明する動画↓

ダイソン氏が住むウォリック・レジデンスのペントハウスを紹介する動画

3. ネットの声

 

4. まとめ

さすがダイソン氏です!! 超大金持ちはお住まいになられる場所も超一流の物件ですね。

東京ではなく、シンガポールに目をつけられたところも着眼点が良いと思います。

またシンガポール発の電気自動車もどの様になるか楽しみです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

リーゼル・プリツカー・シモンズWiki-超金持ち美人女優の華麗な生活

ジャスティン・サンWiki-トロン、経歴、資産は詐欺によるものか?

YBNコルダエ(コーデー)wikiインスタ:大坂なおみ選手の彼氏は売れっ子ラッパ...

ソフィア・アモルーソWiki-カリスマ美人CEOの資産、家族、豪邸

映像マシュー・ウルフwiki経歴、資産変形スイングでヤバイ飛距離

ボビー・バークWiki-クィアアイデザイナーの半生、商品、資産、家族