Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジャスティン・サンWiki-トロン、経歴、資産は詐欺によるものか?

カリスマ的投資家のウォーレン・バフェット氏と昼食を取る権利を落札したジャスティン・サン氏が話題になっています。

仮想通貨トロンの創業者、ウォーレン・バフェット氏と昼食を取る権利を落札

仮想通貨トロン(TRX)の創業者で、ピアツーピア(P2P)ファイル共有プロトコル、ビットトレント(BitTorrent)のCEOでもあるジャスティン・サン(Justin Sun)氏は、仮想通貨に対して懐疑的なことで知られるウォーレン・バフェット(Warren Buffett)氏と昼食を取る権利を、過去最高額の457万ドル(約4億9387万円)で落札したとツイッターに投稿した。バフェット氏と昼食を取る権利は、毎年、グライド財団(Glide Foundation)のためのチャリティーオークションにかけられている。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00010005-coindesk-sci

日本ではあまり知られていないジャスティン・サン氏ですが どんな人物なのでしょうか? まとめてみました。

1. ジャスティン・サン氏のプロフィール

ジャスティン・サン氏は1990年7月10日生まれのIT起業家で現在は米カリフォルニア州のサンフランシスコに住んでおられます。

サン氏は北京大学を歴史学で2011年に学士を取り卒業。

成績優秀で学部長リストに3年間登録され、西洋学研究部長、北京大学生徒会長候補にも任命されています。

北京大学時代は交換留学生として香港中文大学でも学習し、2013年には米国のペンシルバニア大学で職人政治経済学で修士号を修得しています。

そして、2018年12月17日に中国の巨大IT企業アリババの創業者ジャック・マー氏が設立した起業家育成プログラムの湖畔大学を卒業しています。

在学中、サン氏はジャック・マー氏から直接指導を受け勉学に励まれました。

同大学からは最初のミレニアル世代の卒業生だったのですが、卒論の「The Birth of a Decentralized Internet (日中央集権型インターネットの誕生)」ではブロックチェーンの歴史を振り返り未来を予測し、論文「Reflections and Thoughts on a Four-Year Journey as an Entrepreneur (起業活動4年間における熟考と考察)」 では起業活動を振り返り起業家のあるべき姿を発表しマー氏からも高い評価を受けたのでした。

現在ジャスティン・サン氏が保有する資産は$200million(約220億円)と評価されています。

2. TRON(トロン)の起業とその他の活動

サン氏は2017年に世界最大級の仮想通貨企業のTRON(トロン)を設立したことで有名ですが、立派な職歴を持っています。

まず大学卒業後ですが、リップル研究所(金融機関を対象とする決済に特化したソフトウェアを開発する企業で世界第2位の仮装通貨業界における市場シェアを保有)の中国事業所で最初の従業員として採用され、2013年から2016年まではリップル研究所の中国代表と相談役に就任しています。

そして、2013年にサン氏は中国で最も大きな音楽ストリーミング・サービスのPeiwoを起業し最高経営者に就任し、中国の資産運用会社のIDG Gapital Partnersなどから資金調達に成功。

その後、2017年にブロックチェーン技術と分散型ストレージ技術を用いた世界最大級のブロックチェーンに基づいた分散型オペレーティングシステム・プロトコルの一つであるTRON(時価総額は2019年1月9日時点で189,261,388,134円、毎日の取引量が32,630,317,853円、TRXは世界中で約100万名の保有者がいる・・・という世界でも9位の仮想通貨企業)の設立に成功しています。

また、サン氏は2018年に約155億円を投じてBitTorrentを買収し最高責任者にも就任しており、経済誌のフォーブスでは30歳以下のアジアでの起業家トップ30に2015年からずっと評価されているくらい事業で大変な実績を残されているのです。

そんなサン氏ですが、社会貢献活動にも熱心で、2018年の10月にはブロックチェーン・チャリティ基金に約3.3億円寄付し、仮想通貨業界の社会的価値の向上と恵まれない人々の経済活動を側面からサポートする活動にも尽力されている博愛主義でもあります。

3. ネットの声

 

4. まとめ

日本では経歴が知られていないものですし、仮想通貨が一般的なものになっておらず、うさんくさいイメージがあることから詐欺師あつかいされることもあるジャスティン・サン氏ですが、こういった優秀な人材が正当な評価をされないのは悲しく思います。

ウォレン・バフェット氏との会談ではどの様なことを話されるのでしょうか?

日本にもこういった優秀な人材が現れてほしいものですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

(美画像)キティ・スペンサーWiki-ダイアナ元妃の姪の経歴、職業まとめ

ボビー・バークWiki-クィアアイデザイナーの半生、商品、資産、家族

(画像)ホセ・アントニオ・レジェス氏事故詳細、場所、車種、同乗者、家族

グスタフ・マグナー・ウィッツアーWikiイケメン資産家の経歴、彼女?

映像マシュー・ウルフwiki経歴、資産変形スイングでヤバイ飛距離

美女フェリシティ・トムリンソン画像インスタwikiルイ・トムリンソン妹ワン・ダイ...