Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

NBAドラフト-グリーンルームの画像・八村塁以外の招待選手は?

20日に迫ったNBAドラフトのグリーンルームに八村塁選手が招待されました。

運命のドラフトは現地6月20日に実施される

現地6月20日に行われるNBAドラフトが近づく中、『グリーンルーム』に八村塁が招待されたことが明らかになった。グリーンルームとは、指名予定の選手とその関係者が待機する場所のこと。ドラフトの上位指名が期待される選手だけが招待される。

指名を受けた瞬間の喜びの表情、家族とハグする姿、ステージに上がって球団のキャップをかぶり、NBAコミッショナーのアダム・シルバーと握手する様子は、後々まで引き合いに出されるNBAドラフトの名場面となる。その一方で、上位候補の選手が指名を受けられずに涙するシーンもドラフトのドラマとして伝えられる。

1位指名が確実とされるデューク大のザイオン・ウィリアムソンを筆頭にドラフト注目選手が集まるグリーンルームに招待されたこsとは、八村にとっては一つの栄誉。ただ、ドラフト予想で上位に来ること、グリーンルームに足を踏み入れることが目標ではなく、さらに言えば実際の指名順位が多少変動したところで大きな意味はない。実際にNBAでインパクトを残し、長く活躍することこそが一番の目標。指名順位も大事だが、チームの構想にしっかりと組み込まれ、その才能がさらに引き出される形で起用されるのが理想だ。ドラフトの日が楽しみでならない。

出展:https://basket-count.com/article/detail/23892

グリーンルームとは指名予定選手とその関係者が待機する場所ですが、日本の方で画像で見たことがある方はそんなに多くないかも知れません。

どんな場所なのか? 八村選手以外で招待された選手は?・・・まとめました、

合わせて読みたい↓

https://www.theworldtrendnews.xyz/2019/03/01/nikebrokenshoes/

 

1. NBAドラフトグリーンルームの画像

2010年に開催されたNBAドラフトのグリーンルームの様子を画像で入手しました。

ドラフト開催前のグリーンルーム

招待選手の名簿が写真付きで用意されています。

スポンサーのHP社のPCと飲料会社の飲み物、そしてバスケットボールが各テーブルに設置されています。

続々とグリーンルームにドラフト候補選手の家族と本人が集まってきています。

呼ばれるのを楽しみに待つ家族

ドラフトされた選手とチームが一目でわかる様に壁に大きなボードが用意されています。

ドラフトされた選手はここでメディアのインタビューを受けます。

出展:http://www.truthaboutit.net/2010/06/reflection-and-pictures-from-inside-nba-draft-night-2010.html

日本の野球のドラフトに似ていますが、異なるのは、日本ではドラフトの現場に選手が呼ばれないということです。

 

実際の2017年のドラフトの様子を動画でどうぞ。

 

最近になって、プロ野球のファンがドラフトの様子を会場で見られる様になりましたが、さすがエンターテインメントの本場アメリカですね。

ドラフト自体が一つの大きなショートして成立しています。

2. 2019年NBAドラフトに招待された選手

2019年NBAドラフトに招待された選手は現時点で16名が明確になっていて、昨年と同じ人数が呼ばれるとしたら20人が呼ばれる予定です。

現時点で判明している選手は以下のとおり。

  • R.J. Barrett-デューク大学 スモールフォワード
  • Jarrett Culver-テキサス工科大学 シューティングガード
  • Darius Garland-バンダービルト大学 ポイントガード
  • Jaxson Hayes-テキサス大学 センター
  • De’Andre Hunter-ヴァージニア大学 スモールフォワード
  • Ja Morant-マリー州立大学 ポイントガード
  • Cam Reddish-デューク大学 スモールフォワード
  • Coby White-ノースカロライナ州立大学 スモール/ポイントガード
  • Zion Williamson-デューク大学 スモールフォワード
  • Romeo Langford-インディアナ州立大学 シューティングガード
  • Nassir Little-ノースカロライナ州立大学 スモールフォワード
  • Tyler Herro-ケンタッキー州立大学 シューティングガード
  • Brandon Clarke-ゴンザガ大学 パワーフォワード/センター
  • P.J. Washington-ケンタッキー州立大学  フォワード
  • Rui Hachimura-ゴンザガ大学 パワー/スモールフォワード
  • Sekou Doumbouya-ヨーロッパのプロリーグスモールフォワード

 

後4名が招待される予定とのこと。

3. ネットの声

4. まとめ

本年度のNBAドラフトはニューヨークにあるバークレー・センターで行われる予定で60名がここで指名される予定です。

たくさんの少年が憧れるNBAですが、かなり狭き門ですね。

また、八村選手がどの順番で呼ばれるか・・・今から楽しみです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

(衝撃音声入動画)雪崩でサイクリスト13人立ち往生-米モンタナ国立公園

ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏逮捕。なぜ?どこで?籠城の理由は?

(動画)米ボストンで泥棒が留守中に掃除/整頓?ネイト・ローマン家

(動画音声)セミクジラの歌-アラスカで録音

映像ジャック・ヒッギンズ無音拍手卒業式が超感動的!NYカーメル高校

カナダ警察発見画像青いミニバン20代豪警察幹部の息子ルーカスとその交際相手チャイ...