映像!4千万超鑑定結果の3万円で買ったロレックス時計とオーナー

45年前に約38,000円で買ったロレックスが4,400万円の評価額を受けたということでニュースになっています。

1974年に3万円台で買ったロレックス、4千万円超の鑑定結果に持ち主も腰抜かす

(CNN) 米公共放送PBSの鑑定番組で、元兵士の男性が1974年に345.97ドル(現在の相場で約3万8000円)で買ったロレックスの腕時計が、とてつもない価値があると鑑定された。値段を聞いた男性が、驚きのあまり地面にひっくり返る場面もあった。

男性は27日に放送されたPBSの鑑定番組「アンティーク・ロードショー」に出演した。鑑定を依頼したのは、未使用の「ロレックス・オイスター・コスモグラフ参照番号6263」だった。この回はノースダコタ州ファーゴで撮影された。

鑑定の結果、この時計をオークションに出品すれば40万ドル(約4400万円)の値が付くと告げられ、男性は地面にひっくり返った。

だがそれで終わりではなかった。鑑定士は時計が新品同様の状態にあることなどを理由に、50万~70万ドルの値打ちがあると判断した。

男性は米空軍の元兵士で、ロレックス時計は空軍基地の交換所を通じて1974年11月に注文し、75年4月に受け取った。

しかし10%割引で購入しても、時計の値段は当時の給与のほぼ1カ月分だった。このため使うのはもったいないと考え、40年近く金庫に保管して、時々取り出して眺めるだけにしていたという。

時計が新品同様の状態だっただけでなく、保証書や説明書、領収書、箱までそろっていた。

鑑定士はこの時計について、ポール・ニューマンが1969年の映画「レーサー」で着用していたことからコレクターの間で人気が高いと指摘。「間違いなく素晴らしい発見だ。ポール・ニューマン・モデルの中でも特に希少性が高い。世界中探してもこれ以上いい状態のものはないだろう」と述べ、50万~70万ドルの値打ちがあると鑑定した。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-35148639-cnn-int

1.アンティーク・ロードショーとは

アンティーク・ロードショーは日本で言う「開運!なんでも鑑定団」の様なアンティーク製品を鑑定し値段をつけるという内容の番組です。

元々はイギリスのBBCが製作していた番組で1977年にスタートしたこのテレビ番組は、国際的に人気で認知度が高まり米国を含めた様々な国で製作がはじまりました。

今回の鑑定結果は米国のNHKにあたる公共放送会社PBSにより製作されたものです。(ちなみにPBSは米国では人気が低く視聴率があまり高くありません。)

2. 驚きのオーナーと時計の映像

アンティーク・ロードショーで放映された映像を確認しました。

3.ネットの声

4.まとめ

ロレックス高くて良いですね。 欲しいですね。

庶民のブログ管理人には手が届きません・・・。

4千万円もする時計が買える様にはなかなかならないと思いますが、まじめにがんばって働いていたらいつの日か映像のオーナーの様にたまたま購入したロレックスが実は希少モデルで高価だった・・・という様な巡り合わせに遭える様に頑張りたい・・・と思いました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

感動映像-米テキサス洪水孤立ホテルで32時間連続勤務バイトに賞賛の嵐

近影!フィリピンタール火山噴火がヤバイ稲妻、粉塵、黒煙被害は?

スロバキア初の女性大統領ズサーナ・チャプトーヴァ氏のプロフィール、経歴、公約、W...

映像コロラド州連邦刑務所ADX中の様子-麻薬王エル・チャポ収監先

映像ボラム韓国人6歳人気ユーチューバーwikiと購入した8億ビル

映像米デルタ航空ビンセント・ペオン監督一人貸切フライトの様子