宝くじで1億当てても住み続けるトレーラーハウス中の様子米メイン州ロバートさん

アメリカのメイン州で宝くじで1億円以上当てても仕事を辞めずにトレーラーハウスに住み続けるロバート・ロウェル・スチュアートさんのことが話題になっています。

宝くじで1億円超を当てた男性、仕事を辞めずトレーラーハウスに住み続ける(米)

宝くじによって人生が大きく変わった、もしくは人生を狂わされたという話は少なくないが、中には今までと何ひとつ変わらない生活を続ける人もいるようだ。このほどアメリカで、トレーラーハウスで暮らす男性が今年に入って2回も宝くじで高額当選しているにもかかわらず、仕事を辞めずに今もトレーラーハウスでの生活を続けているという。『New York Post』『Icepop』などが伝えている。

米メイン州ヨーク郡ケネバンクポート在住のロバート・ロウェル・スチュアートさん(Robert Lowell stuart、65)は、今年5月に宝くじで100万ドル(約1億820万円)を当てた。彼が購入した宝くじはスクラッチカード式のもので、食料品を購入したスーパーマーケットの自動販売機でなんとなく購入したものだという。

ところが運は人を選ぶのか、その4か月後にロバートさんは10万ドル(約1082万円)もの高額当選を果たしたのだ。一気に富を得て、普通なら家を新築し仕事を辞めて悠々自適な生活をしてもおかしくないはずのロバートさんだが、当選金額の一部を3人の子供達に渡し、残りは貯金をして、自分は仕事も辞めずに働き続けている。しかも40年間住んでいたトレーラーハウスで今もそのまま暮らしているという。

ロバートさんはかつて運輸省のダンプカーの運転手として27年間働き、現在はコンクリート工事業者でトラクターの運転手として11時間のシフトで働いている。彼は仕事を続けることについて「仕事を休んでしまうと暇でつまらないから」と話しており、今の生活に不満はないという。当選したお金の一部でトレーラーハウスの窓を新しくしたというが、しかもその窓はロバートさんの息子の友人から格安で手に入れたそうだ。

ロバートさんの生活は以前と変わった様子はないものの、毎晩仕事が終わるとハンバーガーかホットドッグを食べていたのが、時々自分へのご褒美としてロブスターサンドを注文すると明かし、「それはフライドポテトもついて、たったの10.99ドル(約1190円)なんだよ。最高だね!」と嬉しそうに話している。

ロバートさんの息子グレッグさん(Greg)は「父はトレーラーハウスから引っ越す気は全くないと思います」と述べており、様々な人から「なぜ彼は家を新築しないんだ?」という質問に対してグレッグさんは「父が望んでいないからです」と答えているという。ちなみにグレッグさんもまた、宝くじで25万ドル(約2700万円)に当選したことがあるそうだ。

自分の人生に不満もなく仕事も真面目に続けているロバートさんだが、年に一度は休暇を取ってニューハンプシャー州ロードンにある「ニューハンプシャー・モータースピードウェイ(NASCAR)」へキャンピングカーで行くのが楽しみのようだ。そして驚くことに、ロバートさんは最近購入した宝くじで500ドル(約54000円)を獲得したという。

出展:https://article.yahoo.co.jp/detail/4ace7cd1035e611524ec54e24814fa2205e079f9

1.トレーラーハウスとは?

トレーラーハウスとは、トラックのトレーラーの荷台を家に改造した家です。

米国では、一般的に、貧しい人たちが住む家を指します。

住環境があまり整備されておらず治安も良くない地域にあることが多く、「トレーラーハウス・パークに住んでいた」と言えば「あ、苦労してたのね?(察し)」と認識されます。

2.ロバートさんの生活の様子

出展:https://article.yahoo.co.jp/detail/4ace7cd1035e611524ec54e24814fa2205e079f9

ロバートさんは宝くじで100万ドル(約1億820万円)当てたのにそれまでの生活スタイルを変えられませんでした。

治安も悪く、貧しい人たちが住むトレーラーパークに住み続けられたのでした。

ロバートさんのトレーラーハウスの居間

100万ドルと10万ドルを当てたことを証明するプラカードが今でも居間に飾られているそうです。

ロバートさんとお家の様子

出展:https://www.bostonglobe.com/metro/2019/09/25/won-lottery-twice-four-months-why-does-still-live-trailer/4goBCNqHFOrVXXzevrzQdP/story.html

米国では一般的に高額宝くじに当選した人は、

  • 高級車
  • 豪邸
  • アクセサリー
  • 女性(男性)

・・・などなどにお金を注ぎ込み、金銭管理が甘くなり、それが原因で破産し一家が離散する・・・といったことが珍しくありません。

ロバートさんの様に従来からの生活スタイルを変えずに貯金し働き続ける・・・というのは稀有な話なのです。

そしてロバートさんの楽しみなのですが、Nascarレースを見に行くそうで・・・

ナスカーレースを見るために週末にレース場でキャンプする人は以下の様な過ごし方をします。

この様な生活様式を送っている人は米国では、貧しい人たちが少なくないので、宝くじにあたっても魂を売ることがなかったロバートさんのことが一部では称賛されているのでした。

3.ネットの声

4.まとめ

多くの人が高額宝くじに当選すると仕事を辞めて散財し破産の道に進むことが珍しくありませんが、ロバートさんの様に貯金して仕事を続ける人も中にはいます(ブログ管理人の知り合いには居ませんが・・・)。

考え方がしっかりしているからなせる業なのでしょうね。

あなたは宝くじで1億2千万円当たったら何されますか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

(海外の反応)川崎通り魔事件

ノートルダム寺院火災で失ったもの、無事だったものまとめ

画像ティファニーが削除した中国人モデル片目姿広告とは?

米オハイオ州デイトン銃乱射犯人情報、顔画像、現場様子、事件詳細?

映像-韓国光州ナイトクラブ崩落16人負傷の美女水泳選手権出場者詳細

ウォールストリート・マーケット(世界最大級の闇サイト)ってどんなサイト?