大阪国際空港(伊丹)を混乱に陥れたナイフの種類?何が問題?現場の様子?

大阪国際空港でナイフのようなものを持った乗客を通してしまうミスが発生し空港が混乱しています。

 9月26日朝、大阪伊丹空港の全日空の保安検査場で、ナイフのようなものを持った乗客を通してしまうミスがあり、26日11時半現在、保安検査場が封鎖され、欠航する便が出ています。

「保安検査は再開されておらず、多くの乗客で混雑しています。」(記者リポート 9月26日11時10分)

26日午前7時頃、伊丹空港の全日空の保安検査場で小型ナイフらしきものを持った乗客を誤って通してしまったということです。

全日空によりますと、持ち込んだ乗客を特定するために、午前9時40分以降、保安検査場を封鎖した上で、出発ロビーにいた乗客を一旦外に出し、ロビー内の安全確認をしているということです。

「イチから戻ってくださいと(言われた)。」(乗客)
「どういうふうに動いたらいいかわからなくて。」(乗客)

9月26日11時半現在、保安検査場の再開のめどは立っておらず、羽田便などすでに5便が欠航しています。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00029740-mbsnewsv-l27

1.大阪国際空港とは

大阪国際空港は、大阪府の豊中市、池田市と兵庫県の伊丹市にまたがる空港で大阪空港または伊丹空港としても呼ばれる”国内線専用”の空港です。

関西国際空港が開港してからは国内線専用になったのですが、年間利用客数は1500万1,396人(2016年度)と旅客数と着陸回数は日本の空港で第7位、関西三空港では関西国際空港に次ぐ第2位となっています(3位が神戸空港です。)。

大阪市などのオフィス街へのアクセスの良さから、特にビジネスマンの需要が高い空港ですが、今回空港がナイフ持ち込み騒動により一時閉鎖されたことにより多くの方々への影響が心配されています。

なお、13時時点で復旧時間は未定となっております。

2. 混乱に陥れたナイフの種類

空港に居合わせた方からの情報によりますと、”アーミーナイフ”が持ち込まれたようです。

アーミーナイフにも様々な種類のものがありますが、一般的なアーミーナイフと言えば↓の様な十得ナイフです


こちら、刃渡りは、概ね大きくても5 – 6 cm程度ですので、銃砲刀剣類所持等取締法第2条2項上は問題ありませんが、軽犯罪法第1条第1号や様々な自治体の迷惑防止条例に引っかかる可能性があるので持ち歩くことが違法と判断される可能性があります。

今回の騒動、空港においてはこれを乗客に無条件で返却し一時的に預かる、若しくは廃棄処分させるなどの対応が取られなかったのかが焦点となりそうです。

3. 現場の様子

4. ネットの声

5. まとめ

テロやハイジャック対策のために警備を厳格にされているのでしょうが、小型ナイフに対する処置方法があいまいだった為に発生してしまった騒動ですね。

この様なことがない様に、そして皆様が安全に移動できる様になることを祈っております。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

映像小牧基地に飛ぶブルーインパルスが格好良すぎ!大空に桜にハート

【新型肺炎患者逃走中?】武漢からの観光客入国検査拒否しUSJと京都へ?

速報!第13回キャリアコンサルタント試験解答・受験者の感想まとめ

(10月12日)映像隅田川が氾濫しそうでヤバイ?水位・被害・現場の様子

(台風19号)鶴見川が氾濫しそうでヤバイ水位・現場の様子-町田市横浜市川崎市

悲報!渋谷駅の青ガエル秋田県大館へ移設に戸惑いの声多数みんなの声