(訃報)瀧本哲史氏お亡くなりに-著名作家・投資家の経歴、功績wiki

著名作家でエンジェル投資家・経営コンサルタントの瀧本哲史氏がお亡くなりになりました。

本記事では哀悼の意を表するため、瀧本先生のこれまでの活動をまとめました。

1.瀧本哲史氏のプロフィール

瀧本 哲史氏は、

  • エンジェル投資家
  • 経営コンサルタント
  • 京都大学産官学連携本部イノベーションマネジメントサイエンス研究部門客員准教授、株式会社
  • オトバンク取締役
  • 作家

・・・と様々な分野で活躍されていらっしゃいました。

麻布高等学校を卒業後は、東京大学法学部で勉強し、学部卒業と同時に東京大学大学院法学政治学研究科助手に採用されています。

その後、大手戦略コンサルティングファームのマッキンゼー・アンド・カンパニーにて、エレクトロニクス業界のコンサルティングに従事されていました。

内外の半導体、通信、エレクトロニクスメーカーの新規事業立ち上げ、投資プログラムの策定を行い、企業再生の分野でも大きな成果を残されていました。

民法の専門知識、コンサルティング会社での経験を活かしてバリアフリー化と出版文化の振興に精力を傾けているオトバンクの経営陣として活躍されている最中で力尽きてしまわれました。

最近は以前よりもやせ細ってしまわれた様で健康状態が不安視されていました。

2.瀧本哲史氏のおもな活動

瀧本哲史氏は生前、英語、IT、会計は「奴隷の学問」である——という独特の考え方を主張し、「京大のサンデル教授(ハーバード大学の熱血漢の著名教授)」として人気を誇っておられました。

そういったユニークな考え方を実践する為に、資本主義でのサバイバル術、なぜスキルだけではなく教養が必要なのか?、世界と共存しどうすれば成功することができるか?といった思想を著書やシンポジウムで度々発表されていました。

中でもこれらの3冊が名著として知られています。





斬新な切り口で資本主義で成功するために必要な手段を熱量を持って訴えてこられた瀧本氏には多くのファンがおられ、氏の早すぎる訃報に多くの方が涙に暗れています。

3.ネットの声

多くの方々がネット上で瀧本氏の早すぎる訃報に哀悼の意を表明されています。

4.まとめ

最近は劇的に痩せられ体調面が心配されていましたが、氏の早すぎる訃報にとても残念で悲しい思い出いっぱいです。

瀧本氏のご冥福を心からお祈り申し上げます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

那覇軍港のレウルーラことF35捜索/潜水支援船ファン・ゴッホ(ヴァン・ゴッホ)の...

映像福島須賀川・阿武隈川が氾濫!水位、被害、浸水、冠水現場の様子?

動画で見るへんないきもの大王タイトルマッチ(全ての動物映像!)

第113回歯科医師国家試験解答最速速報!2020年2月国試

(9月9日)加茂川が氾濫しそうでヤバイ水位・現場の様子・避難場所-千葉県鴨川市

(8月28日)松浦川が氾濫でヤバい佐賀県唐津市大雨冠水・被害・現場の様子