菅野完(すがのたもつ)の犯罪歴がヤバイ-強制わいせつとその他容疑

作家菅野完氏が強制わいせつ未遂容疑で警視庁から書類送検されました。

作家菅野完氏を書類送検=強制わいせつ未遂容疑-警視庁

2019年05月22日07時12分

知人女性に性行為を迫ったとして、警視庁代々木署がノンフィクション作家の菅野完氏(44)を強制わいせつ未遂容疑で書類送検していたことが21日、同署への取材で分かった。容疑を大筋で認めているという。送検は14日付。

送検容疑は2012年7月9日、知人女性の自宅マンションで女性に性行為を迫り、ベッドに押し倒し、キスなどをしようとした疑い。
女性は事件後、慰謝料などを求める訴訟を起こし、東京地裁は17年8月、菅野氏に110万円の支払いを命令。18年2月に東京高裁が同氏側の控訴を棄却し、賠償命令が確定した。
事件について、菅野氏は今年4月に記者会見し、「不徳の致すところ。司法による厳罰を受けたい」と話していた。同氏は「日本会議の研究」の著者として知られている。

出展:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052100901&g=soc

菅野完氏にいたっては不祥事が多発していますので、「また?」とあきれる声が聞こえてきそうです。

ここでは菅野氏が過去におこした騒動を整理してみることにしました。

1.菅野完氏のプロフィール

菅野 完(すがのたもつ)氏は 1974年11月11日奈良県天理市出身東京都港区在住の作家さんです。

アメリカ留学→サラリーマン→作家という経歴をつまれています。

2015年2月から菅野完名義で、扶桑社系webメディア「ハーバービジネスオンライン」に「草の根保守の蠢動」を連載し、それをまとめて『日本会議の研究』として出版したものがベストセラーとなっております。

日本会議の研究について- 1997年に設立された日本の保守団体、「日本会議」のことについて書かれています。経済界、学界、宗教界など各界を代表する人物達で構成され、2016年時点で総勢約3万8,000名、47都道府県全てに本部があり、また241の市町村支部がある大規模な保守的な団体ですが、菅野完氏が書いた日本会議の研究はインタビューやリサーチがしっかりとなされていない多分にフィクションが盛り込まれた要素が多いということで会の事務総長の椛島有三氏から東京地裁に出版停止の申し入れがなされています。

東京地裁は販売差し止めの処分を行なっていましたが、後に出版社の扶桑社からの申し入れを受け、審議の結果、仮処分取り消しとなった”いわくつき”の出版物であります。

2. 菅野保氏が過去におこした騒動

さて、菅野保氏はその著書出版にあたっても軋轢をおこしていますが、他にも様々な騒動を起こしています。

整理してみました。

(1)学歴詐称疑惑

明星学園高等学校を経て、テキサス大学オースティン校(←名門)で政治学を専攻し、卒業したと自身のSNSで紹介していましたが、卒業した経歴が無いことと実際はコミュニティ・カレッジに通っていたことが判明し、その後は出身校名が消されています。

(2)米国内で婦女暴行事件

米国内留学中に当時交際していた同級生の日本人に電話代の支払いでもめて、相手の鼻を変形させる大怪我をさせたことで傷害罪で逮捕、罰金と保護観察処分が課されています。

(3)日本での性的暴行訴訟

2012年の夏に、菅野氏が携わっていた政治活動で知り合った女性に性的暴行を加えた容疑で、被害者は精神的カウンセリングと治療を受けており、後に損害賠償事件にまで発展しております。

2018年に訴訟は東京高裁でなされ、裁判長は女性側の主張をほぼ認めた判決を下しています。 それに対して菅野氏は上告をしていません。

(4)強制わいせつ未遂容疑で書類送検

今回記事で騒がれている事件の続きだと思われます。 なぜ今になって警察が書類そうけんしたのか?と思われた方も少なくなかったことでしょう。

当ブログでも真相を解明し次第追記させていただきたいと思います。

3. 菅野保氏がこれまでに受けた抗議・批判

自身のTwitterで事実と異なることを発信したとして判明しているだけでも以下の方から批判・抗議を受けています。

 

  • 元財務省の佐川宣寿理財局長
  • 森友学園の籠池泰典氏
  • 文化人類学者の山口智美氏
  • ジェンダー論研究者の斉藤正美氏
  • ジャーナリストの上杉隆氏
  • 日本文化チャンネル桜代表取締役社長の水島聡氏

 

みなさん一癖も二癖もありそうな方ばかりですが、事実と異なることを書くのが作家として問題・・・という気がします(フィクション作家ならありですが、菅野氏は調査結果に基づいて意見を書いていることになっているのでNGです。)

4. ネットの声

5. まとめ

トラブルが多い人・・・というのが印象に残りました。

作家さんの中にはこういった無頼漢の方がおられますが、行動と発信するメッセージに乖離が目立つのと、事実関係をしっかりと調査せずに記事にされているのが問題かな・・・?そう感じます。

とりあえず、面白い記事の創作には期待しますが、人に迷惑をかけない様にしてよ・・・と言った感想だけが残りました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

高校最速163キロ大船度・佐々木朗希投手がイケメン、家族、進路?Wiki風まとめ

元AKB岩田華怜の母菅原美話参院選に出馬→取り止めに!なぜ苗字が違う?

映像高見泰範Wiki球歴、古田敦也が負け認めた元名捕手の現在?

「らき☆すた」のヤマカンこと山本寛監督やらかす。事件で破産?性格は?病気か?噂?...

美しい女子大生ゴルファー安田祐香wiki成績、経歴、かわいい画像集

樺島亮太Wikiトヨタラグビー選手:違法薬物逮捕の実態