Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

(画像)世界一長い全長163mのブランコで遊べる響灘緑地グリーンパーク

響灘緑地グリーンパークで世界最長のブランコができたということで話題になっています。

北九州に世界最長ブランコ 163メートルでギネス認定

北九州市は11日、響灘緑地グリーンパーク(同市若松区)で、100台を環状につなげて新設した全長約163mのブランコを披露した。記念式典で児童ら100人がいすに座って一斉にこぐと、ギネス公式認定員が世界一長いブランコと認定した。

市建設局によると、国の遊具安全基準が厳しくなるに連れて、基準を満たさないブランコの撤去が進むとともに、設置にふさわしい場所が減っている。一方で「小さな子を持つ親などから、ブランコ増設を求める声は多い」という。そのため今回、約1億2千万円をかけて整備した。

これまでの世界最長ブランコは、オランダでギネス記録となった約133mだった。

100台のブランコがドーナツ状につながっている世界一長い全長163mのブランコとはどんなものなのでしょうか? 他の遊具と合わせて響灘緑地グリーンパークに関して解説させていただきます

どうぞ。

1. 世界最長ブランコがある響灘(ひびきなだ)緑地グリーンパーク

世界最長ブランコがある響灘緑地グリーンパークは福岡県北九州市若松区竹並1006-1にあります。

営業時間は年間を通して毎日朝 9:00から夕方5:00までです。

尚、火曜日と12月27日~1月1日、1月の第2週の平日2日間は休園していますのでお気をつけください。

最寄駅は福北ゆたか線の二島駅ですが、5キロ離れているので歩くと50分近くかかります。

バスが二島駅から出ており、「響灘緑地入口」か「坊ヶ渕」のいずれかで降りると歩いて10分くらいで園内に入ることができます。

また、1,128台駐めることができる駐車場が併設されてます(更に臨時で2,778台駐められる駐車場もありますので駐車できない・・・ということは無さそうですね)。

 

入園料は以下の通り

区分 入園料
一般 150円
小・中学生 70円
高齢者※ 40円
未就学児 無料

※高齢者は北九州市、福岡市、下関市、鹿児島市及び熊本市在住の65歳以上の年長者 であることを証明できる発行書(運転免許証、健康保険証等)の原本を提示することが必要ですのでご注意ください。

 

無料開園日:

5月4日(みどりの日)、5月5日(こどもの日)、9月の第3月曜日(敬老の日)は無料開園日ですのでこういった日を狙って行ってみても良いですね(混んでるでしょうけれども)。

また、10月の第3日曜日のみ、グリーンパーク入園、熱帯生態園、カンガルー広場が入園無料です。

2. 園内設備

小さな子供さんから大人まで楽しく過ごすことができる設備が整っています。

出展:https://hibikinadagp.org/facility/#observe

 

体を使って遊べる設備: 小さな子供さんから大人まで楽しむことができる設備で満載です。

  • 冒険の森(雲梯やブランコなどがついたフィールドアスレチック設備です。)
  • じゃぶじゃぶ池(夏季限定ですが、水の中に入って遊ぶことができます。)
  • おもしろ自転車(普段見ることができないユニークな形状の自転車に乗って遊べます。)
  • サイクルボート(足で漕ぐタイプのボートに乗って楽しくことができます。)
  • ポニー広場(ヤギやポニーを手で触れたり乗ったりして楽しめます。)
  • グラウンドゴルフ(全8ホール2コースでグラウンドゴルフを楽しめます。)
  • カンガルー広場(3種類のカンガルー250匹と触れ合って楽しむことができます。)

 

鑑賞して楽しめる設備:

  • 熱帯生態園(ふだん見ることができない熱帯の動植物を見ることができます。)
  • 2種類の温室(珍しい植物やサボテン、日本一大きな蝶、オオゴマダラの幼虫が観れます。)

 

食事どころ: お弁当を持ち込んで食べることも出来れば、現地で食材を調達して楽しむこともできます。

  • AgrizmCafe(地元の農・畜・漁食材をふんだんに使った料理が振舞われるCafeです
  • ビアテラス(オープンタイプのバーベキューが楽しめる施設です。)
  • キッチンカーパラダイス(キッチンカーで様々なユニークな食材が振る舞われます。)

 

その他:植物の育成について専門家の知見を確認することができる「花や緑の相談所」や行政の自然・環境保全の取り組みを確認することができる「都市緑化センター」に様々な噴水を観ていやされる「ウォーターハウス」があります。

 

 

・・・ということで、リーズナブルな料金で大人も一日中楽しむことができ、小さな子供さんがいても走り回ることができるので 家族づれにおすすめのスポットです。

3. 世界一長いブランコの画像

世界一長いブランコは全長163メートルのドーナツ型で以下の様になっております。

 

 

出展:https://happymakeproject.com/22783/

記念式典で100人が一斉に座ってブランコで遊んだとのことですが、壮観な眺めですね。

 

出展:https://www.sankei.com/photo/story/expand/190511/sty1905110008-p1.html

 

子供さん向けのブランコですから、大人が遊ぶにはちとどうかな・・・?と思える様な遊具ですね。

でもここで遊んでみたら、一生の思い出になることでしょうね。

4. ネットの声

 

5. まとめ

響灘緑地グリーンパークは世界一長いブランコ以外でも豊富な遊具があり、小さな子供から大人まで一日中遊び倒すことができる素晴らしい遊園施設であります。

UFJやディズニーランドも良いですが、こういうところで遊んでみるのも悪くないと思いますね。

一度は子供を連れて遊びに行きたいと思いました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Hootersフーターズ破産!なぜ?お店はどうなる?

(訃報)瀧本哲史氏お亡くなりに-著名作家・投資家の経歴、功績wiki

映像宮崎文夫容疑者大阪市内で逮捕瞬間の様子!同乗の女は?みんなの反応

映像東京西部が局地的大雨(ゲリラ豪雨)でやばい冠水?水没?現場の様子

バンクシー風落書きがある茨城県水戸のコインランドリーの場所・アクセス・営業時間

(顔画像)今田孝司(いまだこうじ)逮捕-薬物入り酒で眠らせ性的暴行