Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

那覇軍港のレウルーラことF35捜索/潜水支援船ファン・ゴッホ(ヴァン・ゴッホ)の仕様

那覇軍港に停泊中の潜水支援船ファン・ゴッホがガンダムに登場した戦艦レウルーラの様だと話題になっています。

「那覇軍港に来たレウルーラ」、真っ赤な潜水支援船をF-35捜索回収に投入

4月15日、Twtterでは「沖縄県の那覇軍港にレウルーラが居る」と話題になりました。レウルーラとはアニメ映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」に登場する真っ赤な宇宙戦艦のことですが、同じように真っ赤に塗装された船が停泊していたのです。

それはシンガポールに本拠を置くウルトラディープソリューション(UDS)社の潜水支援船「ヴァン・ゴッホ」でした。潜水支援船とは海底油田など海底に機材を建設する際に使う船のことで、船尾に大型のクレーンやウィンチを搭載し水中に機材を降ろす作業を行います。操船を行うブリッジの上部に突き出している部分はヘリポートで、ヘリコプターの離発着も可能です。真っ赤な塗装は砕氷船などにも見られますが目立たせるためのものです。特に流氷や吹雪のような白い背景では赤い色が一番目立ちます。

 民間の潜水支援船が何故か軍港に居て、しかもアメリカ海軍SUPSALV(潜水救難監督部)のコンテナを積んでいる・・・目的は青森県沖で墜落したF-35戦闘機の捜索・回収だろうと当初から話題となりました。UDS社は依頼主は非公開としていましたが、アメリカ海軍であることは明白でした。

そして4月19日の防衛大臣記者会見で、岩屋防衛大臣はアメリカ側がF-35戦闘機の墜落事故現場の青森県沖に深海捜索船を派遣すると説明しました。ほぼ間違いなく「ヴァン・ゴッホ」のことであると考えられます。

AIS(自動船舶識別装置)情報によると「ヴァン・ゴッホ」は中国の深セン港を日本時間の4月11日に出港して那覇軍港に4月15日に到着しています。F-35墜落が4月9日の夜だったことを考えるとUDS社との交渉期間はたったの1日で、アメリカ側の対応は非常に迅速です。日本所属機の捜索・回収の為にアメリカが民間船をチャーターして海軍の潜水機材を積んで対応するという異例の事態ですが、その決断は異様なまでに早く、アメリカ側が最新の軍事機密の塊であるF-35の回収に並々ならぬ神経を使っていることが分かります。

出展:https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20190420-00123056/

この記事ではヴァン・ゴッホに関して色々詳しく調べてみましたのでどうぞ。

1. レウルーラって何?

当ブログ管理者の様にガンダムのことをほとんど知らない人には?レウルーラって何やねん?と思われることでしょうから、ここに掲載しておきます。

レウルーラ(Rewloola)については、ニコニコビデオに書かれていた説明を簡略化しましたのでどうぞ。

レウルーラとは「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」および「機動戦士ガンダムUC」に登場する艦船です。

名称の由来は不明で、ファンの間ではヘブライ語でレウ・ハルーラ(宇宙を見よ)を意味するのではないかと言う考察がありますが、仔細は不明です。

建艦場所、建造時期は不明です。

全長は250m、350m、400mと様々な説があります。

武装は主砲が連装メガ粒子砲が五基。同副砲が二基。艦首にミサイルランチャーが十基。対空砲は三連装が二十基で、これはジオン軍の系譜上にある艦艇では間違いなく最多です。

推進機関は熱核と思われます。ジオン軍艦艇の中では珍しい船体組み込み式であり、艦後方中央部に四基、側面にそれぞれ四基、計十二基のスラスターが確認出来るとのこと。

カタパルトデッキを上下一基ずつ装備し、ラー・カイラムも計二基あり、モビルスーツの発着を容易にしていた戦艦です。

デザインはアニメーターの庵野秀明氏。

ガレージキットブランド、Bシップコレクションからプラモデルの発売があり、また、コスモフリートコレクションにもラインナップされている様です。

出展:https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%AC%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A9

 

赤く平べったい宇宙戦艦ですね。ガンダムやザクの様なモビルスーツ(人型ロボット兵器)を搭載する戦艦の様ですが、アニメの中では脇役的存在の船ですね。

2. ヴァン・ゴッホを所有しているウルトラディープソリューション社って?

ウルトラディープソリューション社(UDS社)のホームページから以下抜粋しました。

ABOUT US

Ultra Deep Solutions (UDS) was founded in 2014.

We design and build “ULTRA DEEP HIGH TECH VESSELS” which will be amongst the largest and most advanced DP3 vessels in the offshore industry. Our vessels are designed and built for the worldwide market, including Asia Pacific, African, South American and the Gulf of Mexico markets.

UDS specializes in the design, construction and operation of World-Class Ultra Deep Diving Heavy Construction Vessel to the offshore industry. Our onshore and offshore expertise provides top-class quality offshore-related services/knowledge with excellent high standards.

OUR VISION

To build and operate World-Class Ultra Deep Diving Heavy Construction Vessels that enhance the efficiency and safety of the offshore construction industry.

出展:http://www.ultradeepsolutions.com/about-us.html

色々書いてありますが、要約すると、

「2014年に設立された業界内最大級・最先端の「深海での活動を支援するハイテク船」の設計、製造、運用を行う会社。 海上での建設を安全且つ効率的におこなうことを目的とする深海での活動を行うハイテク船の製造、運用を使命とする会社」・・・とのこと。

ご興味がお有りの方はホームページアドレスを載せておきますのでどうぞ。

先端技術で造られた船を提供する割にはホームページがあまりにも簡素なのでびっくりされると思います。

http://www.ultradeepsolutions.com/home.html

会社は7 Tuas South Street 11, Unit A, Singapore 637091にある様です。

Flash Tekk Engineeringという名前ででてきますが・・・。


シンガポールにある団体であるのは間違いありません。従業員数、売り上げなど不明。

3. ヴァン・ゴッホってどんな船?

ヴァン・ゴッホの仕様をUDS社のHPから確認しました。

Van Gogh- diving support construction vessel

The DP2 DSCV VAN GOGH is advanced designed and built to Ultra Deep Solutions specification for deepwater deployment worldwide. The Van Gogh is a state of art DP2 Multipurpose Diving Support Vessel / SPS Code 2008, with an 18 men single bell saturation system for depth down to 300 meter. The Van Gogh has its own moonpool, an air diving system, and fitted with 1 Work Class and 1 Observation remotely operated vehicle with LARS.

The vessel accommodates up to 120 personnel. Van Gogh is an optimized hull design with excellent characteristic for deployment worldwide.

The vessel is equipped with diesel electric frequency controlled propulsion, highly efficient azimuth thrusters, dynamic positioning system and 150t offshore cranes (3,000m water depth). A large platform deck 1,000 m2 deck space suitable for wellhead servicing, inspection and construction diving and ROV support.

Length overall :111.58 m
Breadth moulded : 23.00 m
Design Draft (SWL) : 7.00 m
Dead-weight : approx. 5600 T at SWL
Cargo deck area : 1000 m2 + 1 in no 3.9 x 3.9 moonpool
Max speed : 14 knots at dm = 4.5 meter
Complement : 120 men

出展:http://www.ultradeepsolutions.com/van-gogh-dsv.html

まず、船名のVan Goghですが、これは日本でも有名な画家のヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(ゴッホ)に由来されます。

ゴッホを簡単に説明したのが以下の画像です。

UDS社では他にも、ピカソ、リキテンスタイン、アンディ・ウォーホル・・・という名前がついた船を所有されているので、ここのお偉いさんが恐らくこれらのモダン・アートの画家さん達のファンなんでしょうね。

日本だと〜丸とかで、地名がついたものが多いですが、欧州では人名が使われることが良くあります。

 

ヴァン・ゴー(英語で発音するとヴァン・ゴーです。ヴァン・ゴッホやファン・ゴッホではありません)は世界中で深海活動を行うことを可能にする為に開発設計された最先端技術を用いた特殊船です。

 

特殊深海ダイビング活動を支援するDP2/SPS Code 2008といった装置がついている船で、300メートルの深海で18人のダイバーが活動するために体を慣らす気圧室、moonpool(船底からダイバーが出入りしたり、海底に機材を投入するための穴)、深海から荷物を引き上げたり降ろす為のクレーンや深海の様子を確認する特殊装置がついています。

定員は120人で世界中のどんな環境の海でも活動ができる様に設計されています。

動力はディーゼル・電位、動力を伝えるのに効率的なアジマス・スラスター(360度水平方向に回転するプロペラ)、ダイナミック・ポジショニング・システム(船が荒れた海でも定位置に居続けることを可能にする仕組み)、150トンの荷物をつり降ろしできるクレーン(最長水面下3,000メートルまでつり降ろし可能)。

1,000平米のデッキは海上での作業を容易にします。

全長 :111.58 m
型幅: 23.00 m
計画満載喫水(SWL) : 7.00 m
載貨重量: 計画満載喫水時に約 5,600 トン
荷物搭載スペース: 1,000 平米 + 1
最高速度 : 14 ノット

2018年5月1日からRed Tech Offshoreというマレーシアの会社に5年間の契約で貸し出されています。

船籍もマレーシアに。

レンタル料、燃費などは不明。

4. ネットの声

 

5. まとめ

3,000メートルの深海から重たい物質をひきあげることができる特殊船を米軍が借り出した・・・ということは墜落したF35Aの引き上げに取り組む米国の本気度が伝わってきます。

未だに墜落機がみつからないことであたふたしている印象ですが、ソ連や中国に引き上げられてしまう前に回収できると良いですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

八尾市小6女児いじめは長池小学校で発生?

映像愛知県名古屋市西区新木町の工場で爆発事故・場所・原因・被害・現場の様子

粟田貴也(あわたたかや)丸亀製麺社長Wiki・トリドールがユニークで面白い!

(9月11日)映像東京西部が局地的大雨(ゲリラ豪雨)でやばい冠水?水没?現場の様...

阪神メッセンジャー投手引退へ(これまでの思い出)みんなの反応まとめ

映像仏パリ警視庁で職員がナイフで同僚を襲撃4名が犠牲に