顔画像米ウィスコンシン車運転教えていた母親襲撃犯マシュー・リー・ウィルクス

米国で子供に車の運転を教えていた女性が、息子が誤ってぶつけた接触相手の車の運転手から銃で撃たれて昇天するという事件がありました。

息子に運転教えていた母親、接触事故の相手に魂取られる 米

(CNN) 米ウィスコンシン州で、10代の息子に運転を教えていた母親が、接触事故を巡って相手の男と口論になり、銃で撃たれて昇天した。

警察の調べによると、亡くなったトレイシー・スミスさん(46)は8月30日、息子が運転する車の助手席に乗り、ミルウォーキーの衣料品店に向かっていた。

CNN系列局のWISNによれば、家族はトレイシーさんが息子に運転を教えていたと話している。

息子は車を運転して左車線から左折しようとしていた。そこへ1台のワゴン車が別の車線から割り込んできたため、息子の車はワゴン車の運転席側に衝突した。

息子は警察の調べに対し、スミスさんが損傷の程度を確認するために車から出て、ワゴン車を運転していた男を怒鳴りつけたところ、相手の男は「@$#%!」と叫んでスミスさんに銃を突きつけ、発砲したと話している。

スミスさんは「撃たれた」と言って地面に倒れ、男の運転するワゴン車はUターンして現場から逃走した。スミスさんは息子の運転する車で病院に運ばれたが、病院で魂が抜けたことが確認された。

ミルウォーキー警察はワゴン車のナンバープレートが映った映像を発見し、このナンバープレートからマシュー・リー・ウィルクス容疑者(35)が浮上。スミスさんの息子はウィルクス容疑者の写真を見て、母親を襲撃したのがこの男だったことを確認した。

ウィルクス容疑者は8月31日に逮捕されて魂を抜き取った罪や銃器所持の罪に問われ、9月4日に裁判所に出廷した。自宅の家宅捜索では拳銃や薬物などが見つかった。

スミスさんはミルウォーキーの刑務所に長年勤務していた職員だった。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-35142330-cnn-int

事件についてまとめてみました。

1. 事件について

事件が発生したのは米国の中西部にあるウィスコンシン州ミルウォーキーにある51st BoulevardとW Fond Du Lac Aveの交差点です。

51st Boulvardから左折してW Fond Du Lac Aveに入ろうとしていたトレイシーさんの息子が運転していた車に突然、ウィルクス容疑者が運転する金色のワゴン車が割り込んできてトレイシーさんの車にぶつかってきたそうです。

事故発生直後トレイシーさんがウィルクス容疑者と口論になり、それに激昂したウィルクス容疑者が突然銃でトレイシーさんを撃ったそうです。

銃で撃たれたトレイシーさんは息子が運転する車で病院に運ばれましたが、残念ながらお亡くなりになられました。

事故について報じる現地のニュース番組から

2. 犯人のマシュー・リー・ウィルクス容疑者

On February 8, 2008, Wilks was convicted of possession of a firearm by a felon and possession of cocaine, second or subsequent offense. Before that conviction, Wilks had a lengthy criminal record that included arrests for battery and cannabis possession.

Wilks had also been arrested several times for driving with a revoked license and operating a vehicle without the owner’s consent.

Not much else is known about Matthew Wilks. His Linkedin page says that he’s been the CEO VVSVisionlife since 2009. The business is described as “spotlighting urban International import/export media.”

出展:https://heavy.com/news/2019/09/matthew-wilks/

現地メディアによりますと、ウィルクス容疑者は2008年2月に銃刀法違反と違法薬物のコカインを所持していたことで逮捕されたことがあるそうです。

さらにそれ以前にも違法薬物である大麻を所有していたことや暴行罪などで複数の逮捕歴があったそうです。

こういった人物が運転する車と遭遇してしまったトレイシーさん、本当にお気の毒と思いました。

3.ネットの声

日本では「物騒だ」「犯人が許せない」と言った意見が目立ちました。

米国でも同様の意見が目立ちました。

4. まとめ

米国では州にもよりますが、ある特定の年齢になると、子供に車の運転を一般道路上で教えて良いことになっております。

運転が下手な子供が道路に出て事故にあったため、子供を守るためにも、トレイシーさんは必死だったのだろう・・・そういう状況下でいきなり撃たれてしまって・・・大変不憫に思いました。

また、アメリカでは一般市民も犯罪者も銃を持っています。

犯罪者が持つ銃は大抵の場合、役所に登録されていないもので、そういった凶器を持つ犯罪者から身を護るために合法的に入手した銃で一般人が武装しているというのが実態です。

今回、たまたま車を運転していた息子が凶暴で犯罪歴のある人物の車にぶつけたことからこの様な不幸な目に遭いましたが、こういったことが日常茶飯事で発生することは、いっくらアメリカが日本と比べて治安が悪くても、そうそうありません。

本当に運が悪かったスミスさん、大変気の毒に思います。

また、息子さんも自分のおこした事故がきっかけに母親を目の前で失ってしまったこと・・・一生のトラウマになるかも知れません。

息子さんには十分な心のケアをしていただきたい・・・と感じました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コイを電気ショックで捕獲する様子がヤバイ米ケンタッキー

動画ドレイクコーチ6歳の退場大暴れの様子がかわいい!米カラマズー

女優キャサリン・ラッセルWiki-30年間風邪で休んだことが無い

米テキサス州エルパソ・ウォルマート襲撃犯人情報詳細、顔画像、事件詳細?

動画トイレ紙まみれにされた家、女性、犯人、家族米カリフォルニア

再会時の画像15年前米ハーバード大で一緒に写真撮った大学警察官と