Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2019年6月22日夏至Wiki-世界の日照時間、祭、由来まとめ

夏至(げし)は英語で Summer solsticeと言われ、北半球ではこの日が一年のうちで最も日の出から日の入りまでの時間が長い(逆に南半球では、最も昼の時間が短くなる日です。

厳密には、毎年6月21日ごろ(年によって異なります)太陽の黄経が90度のタイミング(その瞬間)を指しますが、日本でも世界でもそれに到達する日を夏至という日で見るという認識です。

一方で、世界では夏至により日照時間が異なり、また、意味づけとそのお祝いの仕方が異なり大変興味深いテーマでもあります。

この記事では2019年6月22日の世界の夏至についてまとめてみましたのでご覧くださいませ。

1.2019年日本の夏至のタイミング

日本の夏至は2019年6月21日15:54分を指します。

この日が一番日が長く、これからはドンドン日が短くなっていきます。

夏に向けてドンドン暑くなるのに日が短くなると言うのは面白いですね。

2.世界の2019年夏至日照時間

世界の2019年夏至日照時間を一覧表にまとめてみました。

全て現地時間ですのでお間違えございません様にお願い申し上げます。

都市名 日の出 日の入り 昼の長さ(日照時間)
北極圏の国々
ムルマンスク(ロシア) 24時間
ボードー(ノルウェイ) 24時間
ロヴェニエミ(フィンランド) 24時間
ルレオ(スウェーデン) 21日1:00 22日0:07 23時間7分
ケミ(ロシア) 21日1:44 22日23:42 21 時間58分
レイキャヴィーク(アイスランド) 21日2:55 22日0:04 21時間51分
ヘルシンキ(フィンランド) 21日 3:54 22日22:50 18 時間56分
サンクトペテルブルグ(ロシア) 21日3:35 22日22:26 18時間51分
オスロ(ノルウェー ) 21日3:54 22日22:44 18時間50分
ストックホルム(スウェーデン) 21日3:31 22日22:08 18時間37分
コペンハーゲン(デンマーク) 21日4:26 22日21:58 17時間32分
ヨーロッパ
モスクワ(ロシア) 21日3:45 22日21:18 17時間33分
ベルリン(ドイツ) 21日4:44 22日21:34 16時間49分
ロンドン(イギリス) 21日4:44 22日21:21 16時間38分
パリ(フランス) 21日5:46 22日21:57 16時間10分
ローマ(イタリア) 21日5:34 22日20:48 15時間13分
マドリード(スペイン) 21日6:44 22日21:48 15時間3分
リスポン(ポルトガル) 21日6:11 22日21:04 14時間52分
アテネ(ギリシャ) 21日6:02 22日20:50 14時間48分
アフリカ
ダカール(セネガル) 21日6:41 22日19:41 12時間59分
アジィス・アベバ(エチオピア) 21日6:07 22日18:46 12時間38分
ナイロビ(ケニア) 21日6:32 22日18:35 12時間2分
キンサシャ(コンゴ) 21日6:04 22日17:56 11時間52分
ダルエスサラーム(タンザニア) 21日6:32 22日18:16 11時間43分
ルアンダ(アンゴラ) 21日6:20 22日17:56 11時間36分
ヨハネスブルグ(南アフリカ) 21日6:54 22日17:24 10時間29分
ケープタウン(南ア) 21日7:51 22日17:44 9時間53分
中東
テヘラン(イラン) 21日5:48 22日20:23 14時間34分
ベイルート(レバノン) 21日5:27 22日19:52 14時間24分
バグダッド(イラク) 21日4:53 22日19:14 14時間21分
エルサレム(イスラエル) 21日5:33 22日19:47 14時間13分
アンカレッジ(米アラスカ) 21日4:20 22日23:41 19時間21分
バンクーバー(カナダ) 21日5:06 22日21:21 16時間14分
シアトル(アメリカ) 21日5:11 22日21:10 15時間59分
オタワ(カナダ) 21日5:14 22日20:54 15時間40分
トロント(カナダ) 21日5:35 22日21:02 15時間26分
ニューヨーク(米) 21日5:24 22日20:30 15時間5分
ワシントンDC(米) 21日5:42 22日20:36 14時間53分
ロサンゼルス(米) 21日5:42 22日20:07 14時間25分
マイアミ(米) 21日6:30 22日20:14 13時間44分
ハバナ(キューバ) 21日6:44 22日20:17 13時間33分
ホノルル(米) 21日5:50 22日19:16 13時間25分
メキシコシティ(メキシコ) 21日6:59 22日20:17 13時間18分
ボゴタ(コロンビア) 21日5:46 22日18:09 12時間23分
リマ(ペルー) 21日6:27 22日17:52 11時間24分
リオデジャネイロ(ブラジル) 21日6:32 22日17:16 10時間43分
サンパウロ(ブラジル) 21日6:47 22日17:28 10時間40分
ブエノスアイレス(アルゼンチン) 21日8:00 22日17:50 9時間49分
アジア
北京(中国) 21日4:45 22日19:46 15時間
ソウル(韓国) 21日5:11 22日19:56 14時間46分
東京 21日4:25 22日19:00 14時間34分
上海(中国) 21日4:50 22日19:01 14時間10分
デリー(インド) 21日5:23 22日19:21 13時間58分
台北(台湾) 21日5:04 22日18:46 13時間41分
香港 21日5:39 22日19:09 13時間30分
マニラ(フィリピン) 21日5:27 22日18:27 12時間59分
バンコク(タイ) 21日5:51 22日18:47 12時間56分
シンガポール 21日7:00 22日19:12 12時間11分
ジャカルタ(インドネシア) 21日6:01 22日17:47 11時間45分
オーストラリア地区()以外オーストラリア
ダーウィン 21日7:06 22日18:29 11時間23分
シドニー 21日6:59 22日16:53 9時間53分
オークランド(ニュージーランド) 21日7:33 22日17:11 9時間37分
メルボルン 21日7:35 22日17:07 9時間32分

 

3.世界の夏至祭

世界には夏至を祝うお祭りがあります。

それぞれ言われ・意味合いが異なり大変興味深いです。

(1)Midsummer

ヨーロッパのキリスト教国で祝われるお祭りです。

代表的なスウェーデンのお祭りをご紹介します。

出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E8%87%B3%E7%A5%AD

 

夏至になると、町や村の広場に横たえられた柱に樹木の葉や花の飾りをつけて、若者たちが中心になって、それを立てて祝われます。

祭りは、洗礼者ヨハネの祝日に行われるのですが、ヨハネがイエス・キリストより半年早く生まれたという伝説から夏至に祝われることとなりました。

焚き火をたいたり、ダンスを踊ったり、男女の縁結びや占いがなされたり、祭のあとで川に冠を流して将来を占ったりされるのが象徴的なお祭りです。

(2)ドラゴン・ボート・フェスティバル

中国や台湾、香港行政地区などで行われるお祭りです。速さを競いあうレースが多いですが、参加者も見てる人も楽しめるお祭りです。

出展:https://www.afpbb.com/articles/-/3016449

また、五穀豊穣を祈ってお祭り期間中にちまきを食べてお祝いすることでも有名です。

出展:https://en.wikipedia.org/wiki/Dragon_Boat_Festival

 

(3)Day of Private Reflection

出展:https://www.bbc.co.uk/news/uk-northern-ireland-politics-48081449

Day of Private Reflectionは紛争が絶えなかった北アイルランドにおいて、過去を振り返り現在の平和な環境に感謝して平和が持続することを祈る記念日です。

2007年からこの日に過去の嫌なことを振り返り、現在に感謝、将来に期待する日として制定されましたが、日本で言えば終戦記念日の様なものでしょう。

夏至の日がこの日に制定された理由は最も日が高く長い日であることから、明るい将来を祈るため・・・と言われています。

(4)Juhannus

出展:https://en.wikipedia.org/wiki/Midsummer#Finland

Juhannus はフィンランドの夏至祭です。

ウッコと言うフィンランド神話で、天空・天気・農作物(収穫物)とその他の自然の事象を司る神に対してお祈りをする日です。

海の中などの水中にやぐらを組んで火をつけて祈ります。

フィンランドは緯度が高いため、夏至の頃は白夜で一晩中明るい状態が続き気温も半袖で過ごせるくらいまでに上昇します。

一方で冬は日がでない寒い零下の日がずっと続くので、この明るく暖かい状態に感謝するわけです。

多くのフィンランド人は野に出てミッドサマーを楽しみます。

キャンピング、焚き火、サウナ、音楽祭に飲酒と短い夏を謳歌するためのお祭りであります。

(5)Jāņi

Jāņiはラトビアの夏至祭です。

多くの人が野に出て集まり、食べて飲んで歌って騒いで盛り上がるイベントです。

そしてこの日は過去の伝統的なことを振り返って祝う日でもあります。

出展:https://en.wikipedia.org/wiki/J%C4%81%C5%86i

カシの木の葉っぱでできた冠をかぶってカシの木のたいまつに火をつける男性。火は時の流れを意味し、翌年の夏至まで健康で過ごせる様にと祈るそうです。日本の薪に似ていますね。

Jāņi Cheese (ラトビアのサワークリームチーズ)

出展:https://en.wikipedia.org/wiki/J%C4%81%C5%86i

生クワルク(フレッシュチーズ)に新鮮なミルクをかきまぜて、キャラウェイ(セリ科の植物)のタネが加えられたものです。

チーズ好きなら一度は食べてみたいですね。

この様な伝統的な料理を食べて過去に感謝するのもJāņiの祝い方だそうです。

(6)National Aboriginal Day

カナダでは1996年から先住民の方々の文化、伝統とこれまでの国の発展の貢献寄与度を称えてこの日にお祝いすることとなっております。

1945年に制定されていた頃はインディアン・デーと言われていたそうですが、先住民の肩をインディアンと呼ぶのは大変失礼ですので、Native Americanと呼ぶ様になったのですが、それが端を発してNational Aboriginal Day(先住民の方々を国家的に讃える日)もしくはNational Indigenous People Day(意味は同じ)と呼ばれる様になったのでした。

(7)Tiregān

Tiregānは水をかけあったり、踊り、伝統的な食事(ほうれん草のスープやShoelzard)を楽しんだりするイランのお祭りです。

Shoelzard:サフランライスで作ったプリン

出展:https://en.wikipedia.org/wiki/Sholezard

子供達は虹色の腕輪を夏至の10日前からはめて、当日はそれを小川に流すこととなっているそうですが、小さな子供にとっては楽しいイベントです。

このお祭りはTishtryaという天使に捧げるお祭りです。

Tishtryaは日照りが続いていた時に現れ、雷と共に雨を降らせて人々を救ったという伝説があります。

伝説の概要:

その昔イランと隣の国トゥーラーンは領土のことで争っていました。

お互いの領土を決める為に、弓を放ってそれが落ちた地点を境界線にしようということになり、Arashという弓の名人が弓を放ちました。

弓を放ったのは良いのですが、イラン側には潤沢に雨がふる領土があたり、トゥーラーンには枯れた大地があたったのでした。

公平でないと紛争になりそうになったのですが、その時にTishtryaが現れトゥーラーンにも雨が降るようになり以降平和な状態が続いたそうです。

Arashの銅像

出展:https://en.wikipedia.org/wiki/Tirgan

そして、伝説を思い起こして毎年夏至の日にTishtryaのことをお祝いするそうなのですが、太陽が出る夏至の日なのに雨が降ることを祈る・・・というのが興味深いですね。

(8)Fremont Solstice Parade

Fremont Solstice Paradeは米国のワシントン州シアトルにある芸術団体のFremont Arts Councilが主催するパレードです。

この日に地域住民含めて皆仲良くやりましょうというのが趣旨で、芸術作品のワークショップやパレードなどが行われます。

このパレードは他のパレードと異なり、

  1. 言葉、サイン、ロゴが書かれたもの持ち込むこと禁止
  2. 盲導犬以外に動物の持ち込み禁止
  3. エンジンや電動で動く乗り物禁止(車椅子はOK)
  4. 火器銃器などの武器の持ち込み禁止

・・・といったポリシーがありますが、他はOkという拡大解釈のし過ぎで日本だとアウトになりそうなものでもパレードに参加することができる実にユニークなパレードです。

残念ながら上記の理由で画像は自粛させていただきました。m(__)m

(9)Santa Barbara Summer Solstice Parade

1974年に米国カリフォルニア州サンタ・バーバラに住むゲイでパントマイマー、且つ芸術家のマイケル・ゴンザレスさんの誕生日を祝うために制定されたお祭りです。

このパレードは毎年10万人以上集まる大規模のもので、様々な様態のフロートやたくさんのパントマイマーが参加し大変見応えがあります。

(10)International Surfing Day

Surfing Magazineが2005年に制定した記念日。この日は世界中の海岸でサーファー達がサーフィンをして祝います。

(11)International Yoga Day

2014年にインドで制定された記念日です。肉体的、精神的、霊的修練に効くヨガを皆で実践しよう・・・ということで日が一番長いこの日が選ばれました。

日本でも国際ヨーガの日ということでヨガの普及活動やデモンストレーションがされています。

(12)Fête de la Musique

Fête de la Musiqueは「World Music Day」として知られています。

1981年にパリで始まったこの記念日は、世界中の人々が音楽を楽しむ日として日頃は家の中に閉じこもっている人も野外に出て楽器を演奏したり歌ったりして楽しもう・・・という趣旨で世界中に広がり、現在は120カ国、700の都市で多くの人が音楽を野外で楽しむ日になりました。

この日だけは外で音楽を楽しんでる人たちは邪魔せずに楽しませてあげた方が良さそうです。

4. ネットの声

 

5. まとめ

私は夏至は単純に1年で一番日照時間が長い日でそれ以外のなにものでもないと思い込んでいましたが、世界中では様々な価値観でこの日をお祝いしていることを知りました。

お天道様に感謝以外で様々なことにも感謝の大切な日だったのですね。

記事を書き終えるのが夕方になりましたが、皆様もこの日を様々な観点でお楽しみいただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

店内飲食と持ち帰り価格を統一するお店のリストとネットの反応

映像電動のこぎりキックバック現象徹底解説-危険から身を守る方法

スーパーマックス契約(NBA)とは?過去契約した選手は?高額契約中身解説

五月病対策-欧米日本で異なる方法。効果的なのは?

(動画)カートリッジ式エンジンスターターB-52爆撃機がヤバイ

米国輸出管理法が制限する取引とは-パナソニック、ファーウェイと取引中止