Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

なでしこJapan2019-アメリカの評価

USA Today紙によりますと、なでしこJapan2019のチームの評価は以下の様です。

出展:https://ftw.usatoday.com/2019/05/2019-womens-world-cup-team-japan

1. 全体評価:

Japan enters this World Cup with a very young squad. After back-to-back World Cup final appearances, coach Asako Takakura has gone young, bringing in a host of U-23 players to inject energy and life into the squad. Also, with the 2020 Olympics being held in Tokyo, Takakura may be viewing this World Cup as a sort of tune-up for that tournament next summer.

なでしこJapanは若いメンバーで構成されています。 高倉監督は23歳以下の選手を主に招集しエネルギッシュでバイタリティ溢れるメンバー構成としています。 また、2020年の東京オリンピックで良い結果を残す為、高倉監督はこのワールドカップをその前哨戦としている可能性があります。

Japan has made the previous two World Cup finals, winning in 2011 in penalty kicks and then dropping to the United States in 2015 thanks to an otherworldly performance from Carli Lloyd and the rest of the United States women’s national team.

Expectations aren’t quite so high this time around, but Japan did make the final at the SheBelieves Cup this summer, and if they young players get going and find confidence, another final appearance isn’t out of the question.

W杯で日本は2011年に優勝し2015年にはアメリカに負けて準優勝という記録を残しました。

この大会では日本チームは他と比べてそれほど高い評価はされていませんが、先日行われたシービリーブスカップでは最終トーナメントまで残った実績があり、もし若い選手たちが自信を持ち調子を維持することができると今大会でも決勝戦で戦うことになってもおかしくありません。

How to be a fan

The team is called the Nadeshiko, so if you want to be in on the parlance, there you go. Japan is a perpetually underrated powerhouse in the women’s game. They pass beautifully, they love to possess the ball, and they’ve shown time and time again they can break down the giants of world soccer.

France, England, and Germany are all trendy picks this time around, but with this young, likable team, it wouldn’t be surprising if they made another run at a final.

なでしこを応援するポイント

日本の女性サッカーチームはなでしこと呼ばれ、清楚で凛とした美しさを持ち世界で羽ばたく日本女性を意味します。

体格の大きい他の国の選手と戦う大会では日本はいつも低い評価がされてしまいますが、ボールのパス回しと支配率を高めることで何度も強豪国を倒してきた実績があります。

フランス、イギリスとドイツが優勢と今大会では評価されていますが、日本が決勝戦に万が一残っていたとしても全く驚きません。

2. 中心選手

(1)岩渕真奈選手

Mana Iwabuchi

Iwabuchi is, at 26 years old, actually one of the veterans of the side. The striker has already had an accomplished club career, bursting onto the scene at a young age and joining on with Hoffenheim and then Bayern Munich. She recently returned to Japan to play with INAC Kobe Leonessa after a string of injuries, and will look to return to form this summer. She’s scored 20 goals in 61 caps for the Japan side, and will most likely play serious minutes up top this summer.

岩渕選手は26歳でベテラン選手の内の1人。海外のホッフェンハイムとバイエル・ミュンヘンでも実績を残したこの選手はチームの攻撃の要となることが予測されています。最近帰国しINACに加入した岩渕選手は怪我で調子が万全でなく夏頃に全快の予定。日本代表として61試合に出場し20点をあげた岩渕選手は試合の流れで重要な局面で投入されることが予測されます。

(2)長谷川唯選手

Yui Hasegawa

Hasegawa is just 22 years old but has already been capped 30 times for her national team, scoring 6 goals for the side. A midfielder, Hasegawa isn’t afraid to get forward, and has a burst of pace that can cause problems for defenses when making runs in from deeper positions.

Japan loves to pass the ball in the midfield, almost to a fault, and Hasegawa provides a spark and can drive the team forward.

長谷川選手は若干22歳ですが日本代表として30試合出場および6得点をあげた実績があります。ミッドフィールダーとして活躍する長谷川選手は前面に出て攻撃することに長けており相手チームのデフェンス陣を翻弄することでしょう。

日本のチームはミッドフィルダー中心に試合展開することが殆どで、長谷川選手が攻撃の中心になることが予測されています。

(3)鮫島彩選手

Aya Sameshima

Sameshina will (most likely) serve as captain for Japan at the World Cup, and the 31-year-old will be relied on to provide experience and leadership from the back. At the SheBelievesCup this summer, which Japan made the final before dropping to England, Sameshina was a calming presence, but she will need to work on Japan’s focus — the team still has a habit of giving up goals in bunches. In the final, they dropped 3-0 down to England before settling in and completely controlling the game. Still, they never found their goal.

W杯では鮫島選手が実質キャプテンの役割を担うこととなると予測されます。31歳になった鮫島選手は経験とリーダーシップでチームを引っ張る存在となることでしょう。シービリーブスカップでは鮫島選手の存在が大きく日本が最終ステージまで残ることができました。日本は試合で持ち前の能力を発揮する前に、相手チームのイギリスに簡単にゴールを3度も決められてしまい敗退してしまいましたが、今回のW杯では鮫島選手が率先して守備に徹し日本が実力を発揮できる様に試合を組み立てることが期待されています。

3. スポーツ記者による評価

(1)ロイター紙

Reporters at the pre-World Cup training camp noted that Takakura is keeping things extremely light and fun, perhaps in an attempt not to try and overwhelm the young side ahead of the major international tournament.

Takakura is keen to keep preparations light and enjoyable for her players before the hard work begins in France.

“We will be together for a long time and individually there will be tense moments, ups and downs, so I told the squad let’s enjoy,” Takakura told reporters after the first day of camp in Narashino, near Tokyo.

“Each player has to remember that you move forward, not go backwards.”

That seems to be the general mood around this side, almost like they’re playing with house money — it’s a young squad, they’re gearing up for the Olympics next summer, they’ll try to make a run and win some games and if they do, fantastic.

W杯の事前調整キャンプを取材した記者によりますと、高倉監督は、選手が国際試合でプレッシャーに押しつぶされない様に楽しんで試合に臨める雰囲気作りに徹していたとのこと。

「チームとして長く一緒に過ごすことになり、個人的に嫌な思いをする選手も中にはいることでしょうけれども、楽しんでいきましょう」と習志野のキャンプ場で初日に高倉監督から選手に伝えたとのこと。

「全ての選手に前に向かって行くことの大切さを意識づけた」とも。

若いチームでオリンピックへの前哨試合となるこの大会では彼女たちは楽しんで試合に臨ことを優先し、勝ちわけにはあまり拘らない様です・・・と評価されています。

(2)ハフィントン・ポスト紙

Over at Huffington Post, Travis Waldron noted that Japan “sits a bit behind the rest of the major contenders,” but warns that you should “doubt them at your own risk.”

Waldron continues:

This version is young and raw, and winning a gold medal at the 2020 Tokyo Olympics is a major priority. They’ve beaten Brazil and drawn the United States and Germany already this year and may be rounding into shape at exactly the right time.

ハフィントン・ポスト紙のトラビス・ワルドロン記者は、「脅威には値しないが注意が必要」と評価しています。

若く荒削りのチームは東京オリンピックで金メダルを取ることの方が優先順位が高い。

今年度の大会で、ブラジルに勝ち、米国とドイツと引き分けに持ち込んだなでしこは今大会の台風の目となる可能性を大いに秘めているとのこと。

4. ネットの声

 

5. まとめ

世界は今大会でなでしこをあまりマークしていない様ですが、東京オリンピックの前哨戦として何らかの成果を残していただきたいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

フロリヤナ・イスマイリ選手wiki-スイス女子代表サッカー美女MF

(海外の反応)なでしこジャパン・アルゼンチンと引き分け